Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol19「原 朋之の仕事

vol.19「原 朋之の仕事」2011年4月21日

宇都宮の[GRAM ZIPPY]といえば、地元の有名店のひとつだ。
毎日20名近い顧客をカットし続け、それだけ忙しくても、カットからカラー、パーマのテクニック、デザイン構築・接客から経営まで、あらゆる角度から勉強を続けてきた。
ニューヨークでたまたまEIJIの仕事を見てすぐ、
2008年、NewYork DryCutのベーシック講習を受講。

翌年には、カット料金を倍の¥1万に上げ、1日にカット出来る人数を半分に減らした。
人気美容師が仕事のスタイルをガラッと変える突然の宣言に、
期待してくださるお客様もいれば、引いてしまう方もいる。
サロンのトップの挑戦に、希望を見るスタッフもいれば、戸惑う者も出てくる。
それでもスタートを切った。崖っぷちを1年、突っ走ってみた。
「これほど髪を大事に扱った1年はなかった」

25年以上の美容師人生を積み上げてきた今
すべての力で、目の前のひとりを、
どこまでも“きれい”にして欲しい。

d0173878_20202334.jpg
d0173878_20185923.jpg
d0173878_20182780.jpg

photo:上松尚之
[PR]

by hirooworks | 2011-02-24 05:46 | 原 朋之の仕事 | Comments(0)
<< vol.20「佐久間 敏夫の仕事」 vol.18「山根英治の仕事」 >>