Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.59「YOSHITOの仕事」

vol.59「YOSHITOの仕事」
2014年8月28日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容師という仕事から、美容師という生き方へ

昨年4月、埼玉にある自分の美容室で、
YOSHITOのカット=NewYork DryCut ¥8,000〜¥1万 のみと定めた。
ベーシック講習を終えて2年。いいと思って勉強を続けているのに、
お客様に出し惜しみしたくない。
単なる労働に対しての対価でなく、自分がいいと思える提案をし、
結果に喜んでもらい料金をいただく仕事がしたい。
掲げたプライスのプレッシャーが、モチベーションを上げてくれる。

2、3ヶ月すると、不安に襲われた。
何人もかけ持ちし忙しくしていた日常からの変化、
サロン経営、スタッフのこと、来店しないお客様のこと。
まだ上手くないのに…、高いと思わせてしまったか…、早まったかも…、考えるほど怖くなる。
戻すつもりはなかった。追い込まれ、行き着いたのは、
来てくださった方を、ひとりひとり大事にしていくしかない。必死だった。
半年過ぎると、再来店の予約が増えてきた。嬉しくて、“もっと”と無我夢中になった。

今、朝から夜まで、毎日がたまらなくおもしろい。
「向かう姿勢ひとつで人生が変わる」、
リアルな体験のまっただ中にいる。


d0173878_20423883.jpg

d0173878_20425611.jpg

d0173878_20435599.jpg


PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2014-07-24 16:24 | YOSHITOの仕事 | Comments(1)
Commented by きょうこ at 2014-07-28 05:05 x
ブログにコメント書くの初めてです。

実はここ最近家族のこととかでずっと辛い思いをしてました。

でもこちらのブログに巡り合えて、共感する所もあったりして「救われた」気持ちになれました。勝手にこんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい

是非この素敵なブログの管理人さんと仲良くしていただきたいなぁって…

これ私のです↓

xxvcocovxx@ezweb.ne.jp

熱い日が続いてます。お身体ご自愛ください。
<< vol.60「田澤浦己の仕事」 vol.58「金田弘子の仕事」 >>