Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.67「名畑友梨の仕事」

vol.67「名畑友梨の仕事」
2015年4月9日(木)pm9:00〜pm11:00


コンプレックスだった自分のクセ毛が好きになれたのをきっかけに
高校生の時から、「NewYork DryCutの美容師」を志した。
カットが好きで、何より人に喜んでもらう事が好き。持ち前の親切心を発揮して
アシスタント時代、多くのお客様から信頼され、親しみをもたれてきた。

スタイリストデビューから、ちょうど1年。
[WORKS]でベテラン達と肩を並べ、カット料金¥8,000。同じ土俵に上がって初めて
想像以上の現実を突きつけられ、格闘している。

カットしたお客様からの声、まとまらない…、スタイリングしづらい…、
1人2人と続くと、“怖さ”が先に来るようになった。
反応が気になって、消極的な仕事をすると、残るのは後悔。
ほんの少しでも諦めた仕事に、自分自身が傷ついた。
立ち止まり、振り返って思う。ひとつひとつ、やってみる。
「出来ない」理由を探すのを止めて、やれる事を増やしていく。

今、お客様を前にすると、
耳にしてきた先輩スタイリスト達の言葉の数々が、あらためてよみがえる。
周りのアシスタントやスタッフが居て、思いきり出来る。
ひとりのお客様を思い続け、すべてを出しきる仕事をしたい。

d0173878_18571843.jpg

d0173878_1857468.jpg

d0173878_18574039.jpg

PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by hirooworks | 2015-03-13 16:01 | 名畑友梨の仕事 | Comments(0)
<< vol.68「分部 直の仕事」 vol66「畠山玲子の仕事」 >>