Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.71「塩屋 明郎の仕事」

vol.71「塩屋 明郎の仕事」
2015年8月27日(木)PM9:00 〜 PM11:00



やってみたいと思ったら動ける、動くほど元気になれる。

この春、30年近い美容師人生で初めて、ほぼ1ヶ月間仕事を休んだ。
ちょっとした不調から、心臓の異変が見つかり、検査するほど明らかになっていく深刻な状態。
7時間に渡る開胸手術、自宅でのリハビリ生活。
サロンワーク、講師活動からも一時離れ、思いがけなく出来た時間に、
ゆっくり考えを整理してみようと思ったが、まったくダメだった。
少しずつでも動き出してみて、はじめて欲も希望も沸き上がってくる。
完全復帰した今、あらためて、毎日カットが出来る嬉しさと共に、
「これから、もっと上手くなれる、もっと行ける」、そう思えてならない。

「何でも出来る!」。25歳でEIJIの仕事を見て直感した、
自由に開けていく“NewYork DryCut 観”は、ずっと変わらない。
人の手で大事につくり出される仕事が好きで、そこに“きれい”さを感じ開拓し続けている。

マンスリーライブは、初回から70回連続参加の皆勤賞。
5年前には、自ら手を挙げて初めてステージに立ち、極度の緊張とその先で得るものを体感した。
見る側としては、すべての人の仕事から、刺激と発見を楽しんできた。
2年半ぶり、3度目となる今回、新たな思いを胸に、
再び、自ら手を挙げている。

d0173878_1901113.jpg

d0173878_1902512.jpg

d0173878_1903980.jpg


d0173878_1943962.jpg





PHOTO_上松尚之
[PR]

by hirooworks | 2015-08-27 17:35 | 塩屋明郎の仕事 | Comments(0)
<< vol.72「森本泰広の仕事」 vol.70「石坂杏里の仕事」 >>