Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.75「原田 望の仕事」

vol.75「原田 望の仕事」
2015年12月10日(木)PM9:00 〜 PM11:00



人が成長していく姿を見ると嬉しい。
自分が出来る事、気づく事が増えると、伝えられる事は増していく。
一日の仕事を振り返る時に思う。どこまでの思いの数と深さで向かえただろうか。

28歳で美容師の道を歩み始め、NewYork DryCut も、
他のスタリスト達の仕事もほとんど知らないまま
[HIROO WORKS]のオープニングスタッフとして、
30代でアシスタントから再スタートを切った。
そこから10年。¥8,000のカットプライスで支持されるハードルの高さ、
知らなかった技術の壁、人の壁に幾度もぶつかり、何度も折れそうになりながらも
サロンワークも、講師活動も続けてきた。

3年前、新しくオープンしたサロン[WORKS Azabu-juban]を任され、
スタイリストは自分ひとり。
とにかく必死で目の前のお客様に向かいながら、
一軒のサロンを任される店長としては、それだけでは足りない数々も痛感した。
想像する事を忘れると、慣れた仕事になってしまう。
意識していないと通り過ぎてしまう事も沢山ある。

NewYork DryCut は、美容師がこだわるほど、先が見えてくる仕事だと思う。
もっときれいに、もっと探せる。
思いひとつで、世界は広がっていく。

d0173878_192111.jpg

d0173878_19211319.jpg

d0173878_19201974.jpg


PHOTO_NAOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2015-12-10 15:32 | 原田 望の仕事 | Comments(0)
<< vol.76「山崎洋平の仕事」 vol.74「本木 亜由美の仕事」 >>