Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:中村啓二の仕事( 1 )


vol.14「中村啓二の仕事」

2010年10月28日(木) vol.14「中村啓二の仕事」


50歳を目前にして、再燃した。
後輩達から初めてNewYork DryCutの話しを聞いた第一感は、
「5歳若かったら挑戦してみたかった」。それが数時間後には、講習を受けると決めていた。

サラリーマン生活を経て、憧れていた美容師を志し30年、日々全速力で走って来た。
宇都宮の[keiji class]3店舗のオーナーであり、今も一番忙しいスタイリスト。
サロンワークから、撮影、講習、TV出演や店のメンテナンスまで、
四六時中惜しみなく動き、そのままの背中を見せることで、多数のスタッフを育てた。
市内には、[keiji class]出身者の美容室がいくつもある。

今年の4月からNewYork DryCutベーシック講習を受講しはじめ、
9月28日が最終回、その1ヶ月後のマンスリーライブ。

オーナーでもなく、先生でも先輩でもなく、一美容師として、
豊かな経験と新たに火の点いた思い、持てる限りのNewYork DryCutで
目の前のひとりをきれいにする、だたそれだけに向かってみる。

d0173878_1841178.jpg
d0173878_18404716.jpg


Photo:上松 尚之

more をクリックするとさらに写真が見られます。

More
[PR]

by hirooworks | 2010-10-28 18:56 | 中村啓二の仕事 | Comments(0)