Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:森本泰広の仕事( 3 )


vol.72「森本泰広の仕事」

vol.72「森本泰広の仕事」
2015年9月10日(木)PM9:00 〜 PM11:00


NewYork DryCut 歴、20年。
¥8,000のカット料金でスタートした大阪・南船場の[reju hairs]、
現在、カット¥1万2,000〜で毎日忙しい。全国各地でのNewYork DryCut のイベントでは、
オープンステージで、黒山の人だかりになる光景も恒例になっている。

もともと、人前に出るのは苦手。[HIROO WORKS]のオープン時から続けている、
東京でのサロンワークでも、毎回が、緊張の連続だ。
それでも、一歩ずつ踏み出し、行動していく中で、今、新たな感覚が広がっていくのを実感している。
今回、初めて、自ら名乗りを上げ、ステージに立つ。

経験を重ねるほどに、お客様からの期待値は高まり、自分自身の満足のハードルも上がっていく。
“失敗しないように”と気持ちが動くだけで、満足できない仕事につながる。
どんな時でも、目の前のお客様の“今”を感じ、ゼロから、自由にイメージしていく仕事、
そこにはおのずと技術的な挑戦が生まれ、喜べた経験の数々が、挑戦する勇気を後押ししてくれる。
奮い立つ、森本流の“攻めの仕事”が始まる。

d0173878_17301883.jpg

d0173878_17305332.jpg

d0173878_1731694.jpg

d0173878_17312336.jpg

d0173878_1731404.jpg

d0173878_17315425.jpg

PHOTO_NAOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2015-09-10 16:24 | 森本泰広の仕事 | Comments(0)

vol.50「森本泰広の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。
登場するのは、NewYork DryCut講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください!



vol.50「森本泰広の仕事」
2013年11月14日(木)PM9:00 〜 PM11:00



カット料金¥1万2,600、大阪でも東京でも忙しい。
ひとりで始めた大阪・南船場のサロンは、
当初クセ毛で悩む人達の、気持ちに応えていく仕事で、口コミだけでお客様を増やした。
コンプレックスを解消しながら、お客様のその時々の漠然とした気持ちまで
デザインにしていく提案型の仕事で、忙しくなり、価値を上げてきた。

「よく見る」を自分の原点としてきた、NewYork DryCut 歴は18年。
お客様をよく見る、髪をよく見る、自分の仕事をよく見る。
ひとつひとつ自分の手で表現して、初めて身につく、
自分の仕事から次の課題を、新しい可能性を発見していくサロンワークの中で
森本流のお客様へのむかい方、ヘアーデザインの考え、“きれい”の定義を広げてきた。

決して人前に立つのが得意でもなく、営業中もいまだに緊張の連続。
それでも一歩外へ出て世界が広がると、サロンワークが変わっていくことを実感した。
人それぞれの経験を、互いに共有し合いながら、次のステップへ、
デザインも技術も、想像を越えて広がっていく。


d0173878_13455245.jpg


d0173878_13465120.jpg
d0173878_13461811.jpg

d0173878_13471439.jpg

d0173878_13473276.jpg

PHOTO_上松尚之
[PR]

by hirooworks | 2013-10-23 13:10 | 森本泰広の仕事 | Comments(1)

vol.12「森本泰広の仕事」

d0173878_1336162.jpg2010年8月26日(木) vol.12「森本泰広の仕事」

ほんの数年前まで、自分が1万円以上の料金をとってカットするとは想像もしていなかった。

カットプライス1万2,600円。大阪・南船場のサロンは毎日忙しい。
ひとりでサロンをオープンした当初、ほとんどがヒマな時間で、昼間からウィッグばかり切っていた。

入り口は、自分のクセ毛コンプレックス。
多い髪やクセに、独特のニュアンスを出す仕事で、口コミで顧客が増えた。

お客様のコンプレックスを受け入れて、あらゆる方法を試し、
いつも自分の目線で応えてきた。
忙しくなってプライスを上げても、紹介客が絶えない。
さらに応えようと、可能な限りの力で表現する。

今、『迷いが見える』。
彼のこの迷いには、リアリティーがある。
スプリングボードを強く蹴り上げる瞬間の沈みのように
もっと高くあがっていく絶好のチャンスに見える。
[PR]

by hirooworks | 2010-08-26 18:55 | 森本泰広の仕事 | Comments(0)