Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:竹村 江津子の仕事( 2 )


vol.91「竹村 江津子の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.91「竹村 江津子の仕事」

2017年4月13日(木)


「自分でも、いいと思える仕事が出来ているか」、EIJI にそう問われた時、ハッとした。

1万円のカット料金で、2ヶ月先まで予約が埋まっている。
通常10時の営業開始を、週に3、4回は前倒しで朝8時から予約を取っても枠が足りない。
姫路で営むマンツーマンサロンには、NewYorkDryCut の看板もなければ、
ホームページもない。口コミだけで、ヒマな日がない。

人の5倍は練習したと言えるほど、若い頃から本気で美容に打ち込んできた。
20代半ばで NewYorkDryCut に取り組み、20年以上。
今年はさらなるスキルアップの年と決め、ティーチインは、EIJI と共に、大阪へ、東京へ。
「一足飛びで上手くなる方法」を求めていたが、発見したのは、
毎日のお客様一人一人に、真剣に向かう積み重ねしかない。


ティーチイン以降は、一日の仕事を終えると、ヘトヘト。
どんなに忙しくなっても、お客様へ一所懸命向かってきた自負はあるが、
一所懸命にも真剣にも、まだ先があった。
こんなにも疲れるのかと思うほど体はしんどいが、
それを上回る、爽やかな気持ちが残る。深夜にサロンを片付けながら、ヘトヘトなのに、
もう一人カットしたいと思えてくる。


再始動した今、講師として、講習生にも、常に先を見せ続けたい。
先々のモチベーションを、目で見て伝わる仕事を。
思いを込めた挑戦が始まっている。

d0173878_15135761.jpeg
d0173878_15134179.jpeg
d0173878_15141768.jpeg
d0173878_15144097.jpeg






photo_NAOYUKI UEMATSU


© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2017-03-23 13:23 | 竹村 江津子の仕事 | Comments(0)

vol.21 「竹村 江津子の仕事」

2011年6月16日(木)PM9:00 〜 PM11:00

vol.21「竹村 江津子の仕事」


はじめは NewYork DryCut が、“難しい”と思ったことがなかった。
EIJIのカットを見たときの、何とも言えない丸さときれいさ。
どうカットしているのか、さっぱり分からなかったけれど、
持ち前のシンプル思考で、イメージだけを頼りに
すぐに、柔らかな立体感を出せるようになった。

姫路市の中心部からも離れた住宅地に[Take One]を構えたのが9年前。
カット料金を1万円に上げても、紹介客で夜遅くまで予約が埋まる。
昨年は、約3倍の広さのサロンを新築した。

髪の条件や骨格の難しさにとらわれず、イメージに向かって淡々と形にしていく能力で
一見したら気づかない、ふれてはじめて分かるカットの技を、サロンワークの中で生み出していった。

15年、経験を重ねるごとに、知らないことだらけだと突き当たりながらも、
感性と技術力に厚みを増したヘアーデザイナー竹村 江津子の
NewYork DryCut の醍醐味を表現する。
d0173878_12532495.jpg

d0173878_12535937.jpg

d0173878_12542572.jpg

d0173878_125457100.jpg





PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2011-06-16 16:53 | 竹村 江津子の仕事 | Comments(0)