Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:分部直の仕事( 2 )


vol.68「分部 直の仕事」

vol.68「分部 直の仕事」
2015年5月14日(木)PM9:00 〜 PM11:00


念願のスタイリストデビューから1年も経たずに、
指名も、リピートも、紹介もあり、顧客がどんどん増えていくほど、
逆に「もやもやとした気持ち」も募っていった。

大学卒業後、一度は不動産業界に就職するが、本当にやりたい仕事をしようと美容師の道へ。
“本気で全力”の姿勢に惹かれ、アシスタント時代から、NewYork DryCut にも取り組んできた。
目の前の人に喜んでもらえる仕事に、ひとつひとつ確実に見える世界が広がっていく毎日に、熱中していった。

いざスタイリストになると、
売れる美容師になりたい、どうしたらお客様がつくか、早く売上を伸ばしたい。
通常のカットとNewYork DryCut の2本立てのメニューの中で、
忙しくなるほど、失客する不安や、誰よりもいい仕事をしたいと比べていく焦り、
“全力”の手前でブレーキをかけているような感覚、
「もやもや感」が増していた。

スタイリスト歴1年半、今、NewYork DryCut1本で勝負していこうと決意した。
この先、課題は沢山あっても、それ以上の可能性を感じている。
どれだけ、いい仕事をするかしかない。
やるからには“一流”を目指したい。

d0173878_1521577.jpg

d0173878_15222987.jpg

d0173878_15224399.jpg

d0173878_15225744.jpg


PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2015-05-14 14:48 | 分部直の仕事 | Comments(0)

vol.46「分部 直」の仕事


2013年7月11日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.46「分部 直の仕事」


美容歴4年、26歳、[nico hair]の現役アシスタントの登場です。

初めて、熱中できるものをみつけた。
美容師の仕事は、何より人を喜ばせることができる、気持ちや人生まで変える力がある。
先輩達の仕事を見て、マネてみる、練習するほど上手くなれる、
ひとつひとつ、確実に、自分の見える世界が広がっていく。

小学生から15年続けたアイスホッケーも、同時進行でがんばった野球部でも
振り返ると「もっとやっておけば良かった」と、どこか心残りがある。
大学卒業後、就職した不動産業界を3ヶ月で辞め、
本当にやりたい事をやろうと決めたのが、美容師だった。
2年前の7月は、まだベーシック講習の1回目のクラスへ出ていた。
今年は、NYのIBSでアシスタント・ステージに立ち、
アメリカの美容学校生へ仕事を見せる経験もした。

NewYork DryCut は、人を感じてはじまる技術だと思っている。
目の前の人を思わずには切れないから、どんな時も全力が求められる。
“本気”でなければ、つまらない。
可能性を信じ、今の全力で、突き進んでみる。

PHOTO_上松尚之

d0173878_15581360.jpg

d0173878_1559535.jpg

d0173878_1559971.jpg

[PR]

by hirooworks | 2013-07-11 15:48 | 分部直の仕事 | Comments(0)