Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:坂野 渉の仕事( 3 )


vol.64「坂野 渉」の仕事

vol.64「坂野 渉」の仕事
2015年1月22日(木)PM9:00 〜 PM11:00



ほんの数年前まで、人前で技術を見せるのは怖かった。

ベーシック講習の立ち上げから携わる講師の中でも、理論派。より分かりやすい「伝え方」を考えてきた。
20年のNewYork DryCut 歴を振り返ると、自分自身、研究会やティーチインへ、
行けば何か教えてもらえるというスタンスから始まっていた。
「受け身だと上手くならない、長い間そこに気づかずにきた」

数年前、イベントをきっかけに、ボブスタイルに取り組んだ。
ハンドドライだけで再現できる、プルンっと弾力のあるボブをイメージして、何度もカットし、
他の講師の意見を参考に、また切り直し、徹底的にひとつのイメージを仕上げた。
その後、ほぼ1年単位で、自分で決めた“課題スタイル”に取り組んでいる。
自由に動くショート、シェイプと動きのあるロング、360度立体的なボブ。
それぞれのスタイルの共通項を発見するほど、もっと知りたくなる。

「思いがあったら切れる」。“思い”の発端は、周り人の仕事からもらえる。
きれいだなと感じる。それを自分の手で表現してみる。
再来店されたお客様の髪から具体的な課題が見つかり、あらためて人の仕事からヒントを探す。
少しでも違う方法を目にしたら、すぐに試す。
自分になかった発想にふれると、出来そうな気がして楽しい。
「まだ知らない髪の可能性と、それを、誰でもカット出来る伝え方」が、
あるはず、と思えてならない。

d0173878_1926899.jpg

d0173878_19265182.jpg

d0173878_19272122.jpg

d0173878_1927316.jpg


POHOTO_NAOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2015-01-22 15:35 | 坂野 渉の仕事 | Comments(0)

vol.44「坂野 渉の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.44 2013年5月9日(木)PM9:00 〜 PM11:00
「坂野 渉の仕事」


テーパーで切って、なじんでいい、それだけじゃない。
もっと動く髪、もっと弾力のある柔らかさ、もっと表現できる事があると知る度に、
追いかけることが、ますます楽しくなる。だれかれ構わず、伝えたくなる。

10年間の美容学校教員を経て、20年前、一番最初の『EIJI Live』を客席で見て以来、
30歳を目前にスタートした美容師人生を、NewYork DryCutと共に歩んできた。
技術の解明から追求し始めたNewYork DryCutは、なかなか進まなかった。
たくさんの人達の仕事を見て、イメージがふくらむほどにおもしろさは増していった。
今、カット技術の追求が、何より楽しい。

表現したいヘアースタイルは、どうしたらできるか。
難問を自力で次々と解いていくように、
いろんな角度から仮説を立てて実際にやってみる、どうなったか分析して、また次の手を打つ。
思った通りにぶつかって、ひるまず、探求していく先に、
想像を越える未来が、開けている。


d0173878_15323014.jpg

d0173878_15325930.jpg

d0173878_15332483.jpg


Photo_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2013-04-19 01:13 | 坂野 渉の仕事 | Comments(0)

vol.9「坂野 渉の仕事」

d0173878_14303676.jpg
d0173878_14301463.jpg
2010年5月27日(木) vol.9「坂野 渉の仕事」

NewYork DryCut 講師、東京の中心メンバー。
ベーシック講習の内容をゼロからつくり上げた試行錯誤の時期、
営業後に、毎週毎週集まってミーティングを繰り返したスタイリストのひとり。
より分かりやすく、分類する・整理する・再構築する、
その能力は、これまでにない講習を生み出す大きな力になった。

10年間、美容学校の教員を務め、29歳で初めてサロンで働き始めた。

EIJIが日本で講習活動を始めた初期から参加し、
サロンワークでは思うようにNewYork DryCutを活かせない時代が続いても、
後から始めた他サロンのメンバーがどんどんプライスを上げていっても、
技術力に自信がもてずに、一歩引いてしまう時期があっても、
一度も、このカットの研究を辞めたいとは思わなかった。

10年後、独立。自由が丘に『favorite(フェバリット)』をオープン。
カット技術の可能性を、今、自らの手でひとつずつ実感し始めている。


d0173878_1432542.jpgPhoto:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2010-05-27 18:53 | 坂野 渉の仕事 | Comments(0)