Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


vol.59「YOSHITOの仕事」

vol.59「YOSHITOの仕事」
2014年8月28日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容師という仕事から、美容師という生き方へ

昨年4月、埼玉にある自分の美容室で、
YOSHITOのカット=NewYork DryCut ¥8,000〜¥1万 のみと定めた。
ベーシック講習を終えて2年。いいと思って勉強を続けているのに、
お客様に出し惜しみしたくない。
単なる労働に対しての対価でなく、自分がいいと思える提案をし、
結果に喜んでもらい料金をいただく仕事がしたい。
掲げたプライスのプレッシャーが、モチベーションを上げてくれる。

2、3ヶ月すると、不安に襲われた。
何人もかけ持ちし忙しくしていた日常からの変化、
サロン経営、スタッフのこと、来店しないお客様のこと。
まだ上手くないのに…、高いと思わせてしまったか…、早まったかも…、考えるほど怖くなる。
戻すつもりはなかった。追い込まれ、行き着いたのは、
来てくださった方を、ひとりひとり大事にしていくしかない。必死だった。
半年過ぎると、再来店の予約が増えてきた。嬉しくて、“もっと”と無我夢中になった。

今、朝から夜まで、毎日がたまらなくおもしろい。
「向かう姿勢ひとつで人生が変わる」、
リアルな体験のまっただ中にいる。


d0173878_20423883.jpg

d0173878_20425611.jpg

d0173878_20435599.jpg


PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2014-07-24 16:24 | YOSHITOの仕事 | Comments(1)

vol.58「金田弘子の仕事」

vol.58「金田弘子の仕事」
2014年7月10日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容の仕事が大好き、お客様が大好き。
髪にふれる毎日が楽しくて、技術でつまづいた経験も、お客様が来ないと悩んだこともなかった。
メイクも専門的に学び、ヘアーメイクアーティストへの道を思い描いた事もあるが、
あらゆる人と相対する、サロンワークの醍醐味に勝るものはない。

仙台の『アトリエ パドクワ』では16年目、チーフスタイリストとして毎日忙しい。
10年前、 NewYork DryCutの 体験講習で、あまりの「出来なさ」と
一緒に参加したアシスタントが、よりきれいにカットしているのを見て、
「自分にはむいてない」と挫折感さえ味わった。営業に落とし込む想像もつかなかった。

周りに背中を押されながら、「修行」のつもりでNewYork DryCutを続けてきた。
最初にメニュー化した5年前には、それまでのカットと並行していくことを選んだ。
使い分けていくのが、すべてのお客様を大事にする方法だと思っていた。

今年3月、カットのメニューを、7月からNewYork DryCut1本に絞ると決めた。

長年担当してきたお客様も、自分の手で、新たな変化していく姿を通して、
NewYork DryCut の捉え方は、まったく別のものに変わってきた。
ひとりひとりのお客様へ、髪への効果、美容師としての自分の思い、
今思うすべてを、ありのままに伝え始めている。

d0173878_16555588.jpg

d0173878_16561327.jpg

d0173878_16565668.jpg



photo_上松 尚之


■HIROO WORKS    http://newyorkdrycut.com/test/index.html
■NewYork DryCut   http://www.works-nydc.com
[PR]

by hirooworks | 2014-07-10 19:02 | 金田弘子の仕事 | Comments(0)