Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


vol66「畠山玲子の仕事」


vol.66「畠山玲子の仕事」
2015年3月12日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容師でありながら、美容師を信用していなかった。
剛毛でかなりの毛量の自分の髪は、削いで少なくするしかない。
誰がやっても同じようなものだと。

秋田の美容学校を卒業後、新宿区の美容室に入社以来、ずっと同じサロンに勤めている。
25年以上、人生を共に歩んでいる様なお客様が沢山いて、
毎日の仕事そのものが楽しくて、辞める理由が見つからなかった。
オーナー、スタッフと共に、経験と年齢を重ねてきた、3年前、
サロン全体に、何とも言えない“閉塞感”が蔓延した。
「変えないと、何かを」。
パーマ液、カラー剤、取引ディーラーまで新たにし出口を探した。
その頃、マンスリーライブを見た。

3回続けて見てもさっぱり分からず、ベーシック講習を受けてみる。
講習では、美容師人生初の「出来ない」事態に、すぐに辞めたくなった。一緒に始めた後輩の
リズミカルなテーパーを目にすると悔しくて奮い立つ。コツさえ掴めればと再びウィッグに向かう。
講師やEIJIがカットした自分の髪の変化に興奮し、お客様にどんどん話すほど期待が高まり、
実践して、喜んでいただける嬉しさと、課題が次々と見つかる。

これから先も、生涯美容師を続けたい。カットプライスを上げても、
正々堂々と料金をいただける仕事、求め続けられる仕事をしていきたい。
今まで以上に、お客様に楽しんでもらえる気がしてならない。

d0173878_14434719.jpg

d0173878_1444188.jpg

d0173878_14441131.jpg

PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by hirooworks | 2015-02-15 21:22 | 畠山玲子の仕事 | Comments(0)

vol.65「増田祐太の仕事」

vol.65「増田祐太の仕事」
2015年2月12日(木)PM9:00 〜 PM11:00


ちょうど1年前の2月には、ベーシック講習の1回目を受講していた。
NewYork DryCut 歴1年、29歳の若きオーナースタイリストの登場です。

アシスタント時代、喜んでもらいたい一心の全力シャンプーで指名を集め、
徹底的に練習もする、休みも勉強に行く、3年のカリキュラムは1年半で修了してしまった。
それでも一度は美容の仕事から離れたくなって、故郷・長崎へ逃げるような気持ちで帰った事もある。
再始動を、初めての地『東京』と決め上京、お客様ゼロから大型店の店長を任されるまでに。
26歳の若さで、さらに都心に出て、自らのサロンをオープンしている。

「やってみたい」から始まり、期限付きで目標を立て、後はがむしゃら。
振り返ると、ほとんどの目標を達成してきた。
支持してくださるお客様から、満足感・期待感を感じるほどに、
応えきれていない気持ちも残る。勉強を続け、海外まで行きもした。
自分の仕事にマンネリを感じてしまうのは、技術力の足りなさではないか。

初めて自分の髪をNewYork DryCutでカットしてもらった時に思った、
この技術で、大事な人をカットしてあげたい。
まず母親の顔が浮かんだ。お客様にもっと喜んでもらえる! と嬉しくなった。
講習では、まったく気づかなかったポイントを、次々と講師に指摘される、
ほんの1mm、2mmの違いで、目の前でフォルムが変わっていく。
カット技術の深さと広がり、まだ見えていない世界がある事に、今、興奮している。


PHOTO_UEMATSU NAOYUKI




d0173878_21314966.jpg

d0173878_2132397.jpg

d0173878_21321894.jpg

d0173878_21323110.jpg

[PR]

by hirooworks | 2015-02-13 19:55 | 増田祐太の仕事 | Comments(0)