Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

<   2016年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


vol.79「千葉恭稔の仕事」

vol.79「千葉恭稔の仕事」
2016年4月14日(木)PM9:00 〜 PM11:00


「時代の流れに逆行してる」、と思っていた。
だが、合理的じゃない、手間がかかると、はぶいていく仕事は、薄っぺらになっていく。

仙台の[アトリエ パドクワ]を、佐藤 光一氏と共に立ち上げ、20年。
本格的に学んだメイクで、ヘアーメイクの活動もしながら、
ベースは常にサロンワーク。地元の人気サロンへと築き上げてきた。
6年前から NewYork DryCut を再開し、
2人、3人のアシスタントを専属に、バリバリ仕事をしていたスタイルから、
1日の予約人数を、半分に。
じっくり向き合い、クオリティーを追求する仕事にシフトしている。

プライスを上げて来店されなくなった方への心残りも、
予約が埋まって、お断りしなければならないジレンマも痛いほど感じている。
最近は、アシスタントに任せていたシャンプーやお流しも、自分で行なう機会が増した。
それでも、朝目覚めた瞬間から、今日もカットが出来ると嬉しくなる。

NewYork DryCut は、美容師も、お客様にとっても、想像力がかきたてられる。
いくつになっても、表現する力を高めていける。
30年を越える美容師人生で思い続けてきた願いが、これからも実現できる気がしている。
「ずっとお客様と共に、素敵に年齢を重ねていきたい」


d0173878_18205728.jpg

d0173878_18213782.jpg
d0173878_1821493.jpg
d0173878_18211930.jpg

d0173878_1822258.jpg





photo_NOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2016-03-13 17:32 | 千葉 恭稔の仕事 | Comments(0)

vol.78「原田せり子の仕事」

2016年3月10日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.78「原田せり子の仕事」



20代で、最初に NewYorkDryCut に取り組んだ時は、
サロンワークに落とし込めないまま、フェードアウトした。
7年のブランクを経て、再び『ベーシック講習』から出直し、
『Workshop』、『EIJI ティーチイン』、ニューヨークへも行き、昨年メニュー化もした。
今年からは、講師を目指し、講習活動へも飛び込んでいる。

実家は、半世紀続く美容室。
20代は、美容の仕事が楽しいと思えず、他の道もあるのではと、ずっと迷いの中にいた。
技術を覚えるのは好き、器用と言われても来たが、
自称“人見知り”で、自分から一歩踏み込んでいくのが苦手。人と深く関わるよりも、
一人で営業していく方が、性に合うとも思っていた。
30代を迎え、生涯、美容師として生きていく、と腹をくくったら、
やりたい事を思いっきりしてみたくなった。

お客様に伝えた通りの効果が表現できるか、不安は常にある。
毎回、腕まくりするような意気込みでお客様に向かう。
いろいろなスタイリストの仕事を見たい、スタッフと共に前進し続けたい。
「技術は、人からしか学べない」
40代を目前に、ここから思いきり突っ走って行きたい。


d0173878_1791991.jpg

d0173878_1710670.jpg
d0173878_1793582.jpg

d0173878_1795779.jpg

PHOTO_上松尚之
[PR]

by hirooworks | 2016-03-10 19:08 | 原田せり子の仕事 | Comments(0)