Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


vol.82 「中来田次郎の仕事」



2016年7月14日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.82 「中来田次郎の仕事」


お客様がのぞむ、どんな要望も注文も、絶対はずさない。
そこに、さらに先の“きれいさ”をプラスして提供したい。
毛先の動き、流れ、立体感、再現性、伸びた時にもずっと“きれい”が続くように。
¥1万2,000のカットプライスで忙しい中来田次郎のサロンワークは、
全力で“きれい”を追い求めていく。

こうしたい、ああしてみたいから始まるカットは、毎回が初めての試みの連続。
五感をフル回転させる、エキサイティングな時間の始まりだ。
ほとんどの場合を、前髪から切り始める。
前髪数ミリで、顔周りの長さ、ボリュームの位置、デザイン全体が変わってくる。
途中で気になったら直接聞く、いくらでもやり直す覚悟がある。
決してエゴイスティックな仕事はしたくない。お客様がいてこそ美容師は力を発揮できる。
そして、納得できるまでやり切る。

すべての仕事、カラー、パーマ、掃除や片付けにしても、まぁいいか、と思い始めた途端に、
サロンワークはマンネリになる。マンネリは疲れるだけ。
全力でやり切ったところから、課題も反省も、新たな技法も感覚も生まれてくる。

20年以上、EIJIの仕事を見て、「きれいだな」と感じた数々を、実際に自分の手で表現してみる事で、
思うようになった時も出来ない時でも、自分にとっての“きれい”が、より色濃くなってきた。
変化を怖がっていたら、次はない。
想像を越える、まだ知らない“きれい”を見てみたい。


d0173878_17270659.jpg
d0173878_17293790.jpg
d0173878_17302273.jpg
d0173878_17320329.jpg



PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます。
[PR]

by hirooworks | 2016-06-22 19:42 | 中来田次郎の仕事 | Comments(0)

vol.81「田澤浦己の仕事」

2016年6月9日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.81 「田澤浦己の仕事」




NewYork DryCut に取り組み始めた頃、ひたすらボブをカットしていた。
夢中でイメージを追いかけているうちに、明け方になっていた事が何度もある。
EIJI のティーチインにも、繰り返しボブを課題にして挑んだ。
カットを終えたウィッグを、再び最初から切り直す。
床にはわずかな髪しか落ちていないが、仕上がりは見違える。
1本の髪、1ミリの重要性を実感し、その精度を磨いてきた。
それから20年数年間、毎日の仕事の中で、技術的な発見が尽きる事がない。

「きれいだな」と心動かされると、探究心が沸き上がってくる。
人の手がつくり出した形、楽器や服、バイクのタンク。
自然界にある動きや輝き、風に揺れる木の葉、波紋、生き物の毛並み。
日常目にするあらゆる物の中に、「きれい」を見いだし、ヘアースタイルにリンクさせてみる。
どのような髪の条件であっても、創意工夫で技術を追求し、精度を高めていく。
結果、1万円以上のカットプライスで、地元名古屋でも東京でも忙しい。
50代で、自己最高売上を更新し、紹介のお客様も絶えない。

“いいヘアースタイル”の条件として、自分にとって欠かせないのは、“上質さ”だ。
“きれいな髪”には、さらなるクオリティーがあり、それは限りなく高めていける。
その方自身の魅力を引き上げるデザインはもちろん、
“きれい”のクオリティーを上げる事で、気持ちまでぐっと後押しできる力になる。
田澤流、より上質なボブの、探求が始っている。


d0173878_19555916.jpg


d0173878_19565929.jpg

d0173878_19571641.jpg

d0173878_1958087.jpg

PHOTO_NOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2016-06-09 14:58 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)