Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:パドクワ ( 4 ) タグの人気記事


vol.79「千葉恭稔の仕事」

vol.79「千葉恭稔の仕事」
2016年4月14日(木)PM9:00 〜 PM11:00


「時代の流れに逆行してる」、と思っていた。
だが、合理的じゃない、手間がかかると、はぶいていく仕事は、薄っぺらになっていく。

仙台の[アトリエ パドクワ]を、佐藤 光一氏と共に立ち上げ、20年。
本格的に学んだメイクで、ヘアーメイクの活動もしながら、
ベースは常にサロンワーク。地元の人気サロンへと築き上げてきた。
6年前から NewYork DryCut を再開し、
2人、3人のアシスタントを専属に、バリバリ仕事をしていたスタイルから、
1日の予約人数を、半分に。
じっくり向き合い、クオリティーを追求する仕事にシフトしている。

プライスを上げて来店されなくなった方への心残りも、
予約が埋まって、お断りしなければならないジレンマも痛いほど感じている。
最近は、アシスタントに任せていたシャンプーやお流しも、自分で行なう機会が増した。
それでも、朝目覚めた瞬間から、今日もカットが出来ると嬉しくなる。

NewYork DryCut は、美容師も、お客様にとっても、想像力がかきたてられる。
いくつになっても、表現する力を高めていける。
30年を越える美容師人生で思い続けてきた願いが、これからも実現できる気がしている。
「ずっとお客様と共に、素敵に年齢を重ねていきたい」


d0173878_18205728.jpg

d0173878_18213782.jpg
d0173878_1821493.jpg
d0173878_18211930.jpg

d0173878_1822258.jpg





photo_NOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2016-03-13 17:32 | 千葉 恭稔の仕事 | Comments(0)

vol.58「金田弘子の仕事」

vol.58「金田弘子の仕事」
2014年7月10日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容の仕事が大好き、お客様が大好き。
髪にふれる毎日が楽しくて、技術でつまづいた経験も、お客様が来ないと悩んだこともなかった。
メイクも専門的に学び、ヘアーメイクアーティストへの道を思い描いた事もあるが、
あらゆる人と相対する、サロンワークの醍醐味に勝るものはない。

仙台の『アトリエ パドクワ』では16年目、チーフスタイリストとして毎日忙しい。
10年前、 NewYork DryCutの 体験講習で、あまりの「出来なさ」と
一緒に参加したアシスタントが、よりきれいにカットしているのを見て、
「自分にはむいてない」と挫折感さえ味わった。営業に落とし込む想像もつかなかった。

周りに背中を押されながら、「修行」のつもりでNewYork DryCutを続けてきた。
最初にメニュー化した5年前には、それまでのカットと並行していくことを選んだ。
使い分けていくのが、すべてのお客様を大事にする方法だと思っていた。

今年3月、カットのメニューを、7月からNewYork DryCut1本に絞ると決めた。

長年担当してきたお客様も、自分の手で、新たな変化していく姿を通して、
NewYork DryCut の捉え方は、まったく別のものに変わってきた。
ひとりひとりのお客様へ、髪への効果、美容師としての自分の思い、
今思うすべてを、ありのままに伝え始めている。

d0173878_16555588.jpg

d0173878_16561327.jpg

d0173878_16565668.jpg



photo_上松 尚之


■HIROO WORKS    http://newyorkdrycut.com/test/index.html
■NewYork DryCut   http://www.works-nydc.com
[PR]

by hirooworks | 2014-07-10 19:02 | 金田弘子の仕事 | Comments(0)

vol.36「佐藤光一の仕事」

2012年9月20日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.36「佐藤 光一の仕事」



心が動くのは、人の可能性を感じる時。
子供の頃から夢中になったスポーツや音楽でも、惹かれるのは
その人達に、可能性を見た時だった。

理容の世界で10年、美容師として20年数年、仙台の中心地に50坪のサロンをもつオーナーであり、
若い頃から、いつも店の中心に立って引っ張っていく立場にいた。
NewYork DryCut 歴は20年。古株メンバーのひとりで、HIROO WORKSのオープンから、
月に1週間も仙台の店を空け、東京でのサロンワークも6年間続けている。

ほんの数年前まで、サロンの中で NewYork DryCut に取り組むのは自分ひとりだった。
ひとりだけメニューを NewYork DryCut1本に絞り、プライスを上げて挑戦した。
すぐに結果に結びつかない時期でも、ブレずに粘り続けてきた。
今では、全スタッフが勉強するようになり、トップスタイリスト達も次々と、倍近いプライスでお客様へ実践し、
震災以降、サロン全体で、NewYork DryCut の客数を増やし続けている。

美容師として、ひとつのヘアースタイルで、その人の可能性に携わっていく。
いつも、佐藤 光一の仕事の中にある。


d0173878_21213761.jpg

d0173878_21223037.jpg

d0173878_2123771.jpg


PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by HIROOWORKS | 2012-09-03 20:52 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)

vol.16「佐藤光一の仕事」

2010年12月9日(木)PM9:00 〜 PM11:00 vol.16「佐藤光一の仕事」
d0173878_1812524.jpg


カットの来店周期が3 ヶ月以上になりつつあると言われているこの時代に、
[HIROO WORKS]の彼のお客様は、月1 のペースで予約を入れる。
必ずどこかしらを変化させ、毎回新しい印象に塗り替えていく彼の仕事に“期待”が大きいからだろう。

NewYork DryCutを学んで19 年、メニュー化するまでには15年近くかかっている。
それまでの仕事でも仙台のサロンは忙しく発展しており、
経営者としてもスタイリストとしても、なんら不自由を感じていなかったのかも知れない。
裏を返せば、NewYork DryCutはとっくに辞めていてもおかしくなかった。

現在では、仙台の[アトリエ パドクワ]でも、倍以上のカットプライスで毎日忙しく、
スタッフ全員がNewYork DryCutに取り組むようになっている。
理容も美容も経験し、30年積み重ねてきた自分の仕事に
NewYork DryCutを取り込み始めた今、
そして、これからの佐藤光一の全力の仕事を見たい。

d0173878_182831.jpgPhoto:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2010-12-09 14:21 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)