Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:井口淳介 ( 3 ) タグの人気記事


vol.63「井口 淳介の仕事」

vol.63「井口 淳介の仕事」
2014年12月11日(木)PM9:00 〜 PM11:00


とにかくカットが出来るようになりたかった。

最初に就職した大阪の美容室での、NewYork DryCut 講習受講の機会、
入店半年のアシスタントだったが、迷わず手を挙げた。
他のカット技術を知らないためか「難しい」とも思わない。ベーシック講習の1回目を終え、
宿題のウィッグに取り組んだ時点で、感覚的につかめた気がして、後は「出来てる」気持ちで突き進んだ。
22歳の若さでスタイリストとしてお客様を担当し始めると、次々と壁にぶつかる。
先輩スタイリストの倍のカット料金。出来てるはずなのに、思うように喜んでもらえない経験。
日本各地の講師たちの仕事を目にする度に、雲の上の人たち、遥か遠くに見える。

もっと上手くなりたい、25歳で東京へ。WORKSでアシスタントからの再スタートを決意する。
ひとつずつ進んで行くことを、自分に言い聞かせ、
カット中に意識する項目を箇条書きにしてワゴンに貼りもした。
ひとつ意識して、ひとつ忘れを繰り返しながらも、体に染み込んでいく実感がある。

今、東京へ来て出会った沢山のお客様、一緒に働くスタッフ、全国の講習生からの期待も感じる。
これからの世代へ、自分の仕事が受け継がれていく責任も感じている。
33歳、講師として、一スタイリストとして、店長として、「上手くなって当たり前」。
汗をかいて必死でやってる方が、おもしろい。


d0173878_165219.jpg

d0173878_16515749.jpg

d0173878_16521321.jpg

d0173878_1651962.jpg


PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2014-12-15 15:33 | 井口淳介の仕事 | Comments(0)

vol.31「井口淳介の仕事」

2012年4月12日(木)PM9:00 〜 PM11:00
「井口淳介の仕事」


このマンスリーライブの第1回目のステージに立ったのが、
[HIROO WORKS]で唯一の20代スタイリストだった井口淳介。
手探りでも前へ進んで行こうとするやる気と行動力に、トップバッターを託した。
NewYork DryCut の講師としては、今も一番の若手。全国各地へ出向き、
何倍も美容歴のあるサロンオーナー達にも、知る限りを伝えている。

美容学校卒業後、大阪で最初に入ったサロンで、
入店半年からNewYork DryCut に取り組み、1年後にはスタイリストデビュー。
その後、単身上京した初めての東京では、
若さあふれる気負いや戦略だけでは通用しない厳しさも経験した。

手が震えるほどの緊張を繰り返しながら、サロンでも講習でも、
期待に応えたい一心で踏ん張って、
ひとつひとつ大事なものを実感してきた。

まだ30歳。また一歩前へ。
毎日のサロンワークで、まっすぐに向きあってみる。
たくさんの選択肢の中から、美容師として、
今、自分は何を大事に仕事をしていくのか。

d0173878_17595636.jpg
d0173878_1801353.jpg
d0173878_17591822.jpg


PHOTO_上松 尚之

◆ http://www.facebook.com/NewYorkDryCut  フェイスブックでも発信しています
[PR]

by hirooworks | 2012-03-26 14:45 | 井口淳介の仕事 | Comments(0)

vol.1 「井口淳介の仕事」

2009年9月17 日(木) vol.1 「井口淳介の仕事」


[HIROO WORKS]では、今後毎月1名ずつ、サロン内 LIVE Stageを行います。
先陣を切るのは、[HIROO WORKS]では唯一の20代スタイリスト・井口淳介。
オープンから半年後、大阪からひとり上京し、お客様ゼロ、アシスタントからスタートした井口が、
スタイリストとして、またNewYork DryCut講習の講師として活動している中から感じている
仕事への思い、NewYork DryCutの可能性、今の仕事そのものと、仕事観を伝えます。

Photo:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2009-09-17 18:47 | 井口淳介の仕事 | Comments(0)