Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:佐藤光一 ( 4 ) タグの人気記事


vol.90「佐藤 光一の仕事」


vol.90「佐藤 光一の仕事」

2017年3月16日(木)


美容師は、人の第一印象を決める、重要な仕事を担っている。
その人自身が醸し出す魅力を、受け手の自分が感じとり、“人となり”をデザインしていく。
すべてに、手を抜きたくない。

[アトリエ パドクワ]では、全員が NewYorkDryCut に取り組むようになって、
帰り際のスタッフのお客様が、目に止まる機会が多くなった。シンプルなボブでも、ロングでも、
ほどよい肉厚な形、ツヤ感、何気なく動いた瞬間、歩き出した時、女性像がより濃く印象に残る。
自身は、10年の理容キャリアから美容に転身し、メンズ客からの支持も厚い。
男性も女性も同じ。変化していく髪質や髪の条件、本人が諦めている事まで、
なんとかならないかと考えていける。
出張が多い忙しいビジネスマンに、伸びた時もカッコ良く。部分的に薄くなった髪は
細かく積み重ね、立ち上がりを計算して残しながらデザインできる。
NewYorkDryCut で表現できる動き、質感は、一度知ったら戻れない。

理容・美容で30年以上の経験を積み、
人生の折々、些細な出来事や感情まで知っている長い付き合いのお客様と共に
その歩みを踏まえて、今どんなものが必要か、一スタイリストとして
一人のお客様からデザインしていく仕事を大切にしたい。

d0173878_20233356.jpg
d0173878_20250393.jpg
d0173878_20265841.jpg
d0173878_20254813.jpg



PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます












[PR]

by hirooworks | 2017-02-10 18:57 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)

vol.61「佐藤光一の仕事」

vol.61「佐藤光一の仕事」
2014年10月16日(木)PM9:00 〜 PM11:00



来年20周年を迎える仙台の[アトリエ パドクワ]は、
この数年で、東北を代表するNewYork DryCutサロンへと成長し始めている。
初めてEIJIの仕事を見た20年以上前から、なかなかサロンで活かせない年月も、
ひとり粘り強く続けてきた。東京へNYへ関西へ動き、
各地で出会う人の仕事の中に、いつも可能性を感じていた。

[HIROO WORKS]オープンと同時に、「毎月行く」と決め、
仙台のサロンが被災した翌月も、現在まで8年間、有言実行し続けている。
続ける中で、自分を取り巻く状況は変わっていっても、
お客様を目の前にしたら、そんな事も一切関係なくなる。
オーナーでも、トップスタイリストでもなく、一緒に店をつくっていこう、
がむしゃらに仕事に向かうと、初心に還る。
今も仙台に戻るたび、新鮮な目で自分のサロンを感じられる。

イベントには毎回スタッフ全員で参加する、NYにも行く。
「きっかけをもらったら、そこから先、切り拓いて行くのは自分の力」
教わった事、経験した事を、次の世代へもつないで行きたい。


d0173878_21434279.jpg

d0173878_21442746.jpg

d0173878_21445984.jpg

d0173878_21451973.jpg

d0173878_21453761.jpg



PHOTO_上松 尚之

■HIROO WORKS    http://newyorkdrycut.com/test/index.html
■NewYork DryCut   http://www.works-nydc.com
[PR]

by hirooworks | 2014-09-25 17:14 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)

vol.36「佐藤光一の仕事」

2012年9月20日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.36「佐藤 光一の仕事」



心が動くのは、人の可能性を感じる時。
子供の頃から夢中になったスポーツや音楽でも、惹かれるのは
その人達に、可能性を見た時だった。

理容の世界で10年、美容師として20年数年、仙台の中心地に50坪のサロンをもつオーナーであり、
若い頃から、いつも店の中心に立って引っ張っていく立場にいた。
NewYork DryCut 歴は20年。古株メンバーのひとりで、HIROO WORKSのオープンから、
月に1週間も仙台の店を空け、東京でのサロンワークも6年間続けている。

ほんの数年前まで、サロンの中で NewYork DryCut に取り組むのは自分ひとりだった。
ひとりだけメニューを NewYork DryCut1本に絞り、プライスを上げて挑戦した。
すぐに結果に結びつかない時期でも、ブレずに粘り続けてきた。
今では、全スタッフが勉強するようになり、トップスタイリスト達も次々と、倍近いプライスでお客様へ実践し、
震災以降、サロン全体で、NewYork DryCut の客数を増やし続けている。

美容師として、ひとつのヘアースタイルで、その人の可能性に携わっていく。
いつも、佐藤 光一の仕事の中にある。


d0173878_21213761.jpg

d0173878_21223037.jpg

d0173878_2123771.jpg


PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by HIROOWORKS | 2012-09-03 20:52 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)

vol.16「佐藤光一の仕事」

2010年12月9日(木)PM9:00 〜 PM11:00 vol.16「佐藤光一の仕事」
d0173878_1812524.jpg


カットの来店周期が3 ヶ月以上になりつつあると言われているこの時代に、
[HIROO WORKS]の彼のお客様は、月1 のペースで予約を入れる。
必ずどこかしらを変化させ、毎回新しい印象に塗り替えていく彼の仕事に“期待”が大きいからだろう。

NewYork DryCutを学んで19 年、メニュー化するまでには15年近くかかっている。
それまでの仕事でも仙台のサロンは忙しく発展しており、
経営者としてもスタイリストとしても、なんら不自由を感じていなかったのかも知れない。
裏を返せば、NewYork DryCutはとっくに辞めていてもおかしくなかった。

現在では、仙台の[アトリエ パドクワ]でも、倍以上のカットプライスで毎日忙しく、
スタッフ全員がNewYork DryCutに取り組むようになっている。
理容も美容も経験し、30年積み重ねてきた自分の仕事に
NewYork DryCutを取り込み始めた今、
そして、これからの佐藤光一の全力の仕事を見たい。

d0173878_182831.jpgPhoto:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2010-12-09 14:21 | 佐藤光一の仕事 | Comments(0)