Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:旭 Cheer ( 1 ) タグの人気記事


vol.97「林 江美の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.97「林 江美の仕事」

2017年10月12日(木)pm21:00〜pm23:00


「自分がお客様だったら、こんな美容師に出会いたい」
その理想像を、まっすぐに追いかけてきた。

30歳で理美容師へ嫁いだのをきっかけに、想定外だった「美容師の道」へ。
NewYorkDryCut のベーシック講習から3年経たないが、
¥8,000のカットプライスで、予約がとりづらいと評判になるほど忙しい。
千葉の九十九里の海に近い旭市。長女と一緒に働くサロンは、
裏道のまったく目立たない場所。そこに県外からも、お客様がやって来る。
小学2年の長男、幼稚園に通う次女の、子育て真っ最中でもある。
5年前、空き店舗だったこの場所で一人で営業をはじめた時、顧客は10名しかいなかった。

サロンにいる間は、頭の中も体も全力でお客様へむかう。
「その人のすべてをデザインしたい」、要望をもとに100%提案型。
常に“お客様から発想“のスタンスで、“今その人にとって必要”と思うことだけをおすすめする。
自分の都合や経営上からは一切考えない、軽いノリの会話もない。
女性にとって大事な髪に真剣でありたい。
1年先まで想像しての季節ごとの提案で、互いに先が楽しみになっている。

“売れる法則”や、リーピトする“仕組み”も、あれこれ勉強してきたが、
「技術者は、上手いか下手かしかない」。
どれほど目の前のお客様を思っても、テクニックがなければ、喜んでもらえない。
自分自身が、少しずつでも前進して、進化し続けられたら、
お客様へできる事がもっと増えて、もっともっと楽しくなれる。

d0173878_18355751.jpg
d0173878_18362580.jpg




d0173878_18363388.jpg




d0173878_18361872.jpg







PHOTO_NAOYUKI UEMATSU


https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-10-12 23:13 | 林 江美の仕事 | Comments(0)