Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.21 「竹村 江津子の仕事」

2011年6月16日(木)PM9:00 〜 PM11:00

vol.21「竹村 江津子の仕事」


はじめは NewYork DryCut が、“難しい”と思ったことがなかった。
EIJIのカットを見たときの、何とも言えない丸さときれいさ。
どうカットしているのか、さっぱり分からなかったけれど、
持ち前のシンプル思考で、イメージだけを頼りに
すぐに、柔らかな立体感を出せるようになった。

姫路市の中心部からも離れた住宅地に[Take One]を構えたのが9年前。
カット料金を1万円に上げても、紹介客で夜遅くまで予約が埋まる。
昨年は、約3倍の広さのサロンを新築した。

髪の条件や骨格の難しさにとらわれず、イメージに向かって淡々と形にしていく能力で
一見したら気づかない、ふれてはじめて分かるカットの技を、サロンワークの中で生み出していった。

15年、経験を重ねるごとに、知らないことだらけだと突き当たりながらも、
感性と技術力に厚みを増したヘアーデザイナー竹村 江津子の
NewYork DryCut の醍醐味を表現する。
d0173878_12532495.jpg

d0173878_12535937.jpg

d0173878_12542572.jpg

d0173878_125457100.jpg





PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2011-06-16 16:53 | 竹村 江津子の仕事 | Comments(0)
<< vol.22「中来田次郎の仕事」 vol.20「佐久間 敏夫の仕事」 >>