Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.100 「100回記念 特別上映」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.100
「100回記念 特別上映」

貴重映像でつづる“EIJI”&“NewYorkDryCutのルーツ”

2018年1月18日(木)pm21:00〜pm23:00


25年前、EIJIが日本の美容師たちへ思いのたけをぶつけた最初の『EIJI LIVE』から
言い続けていた、「日本でもカット1万円の仕事ができる」。
当時は想像を超えていた世界が、今、日本各地で現実のものとなっている。
雑誌に載るような有名美容師でもなく、地方都市の一角でも、
カットプライス¥8,000〜¥1万以上で支持されるスタイリストが多数存在する。

美容師自身の思いで技術は進化し、いくつになっても「もっと」と先がある、
生涯続けていける仕事になる。
《NewYork DryCut》と名付け、プロデューサー松田 加代子(WORKS)と二人三脚でスタートした活動は、
多くの美容師と共に、知らなかったカット技術の奥深さ、仕事の可能性を切り拓く活動へと広がっている。

ステージでEIJIが投げかける言葉、カットシーンの数々、
25年分の貴重な映像の中から、選りすぐりの場面を上映する特別編。
もっと、お客様も喜んで、美容師自身も喜べる仕事へ。


d0173878_12080954.jpg

PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-12-21 19:52 | 100回記念特別上映 | Comments(0)
<< vol.101「100回記念 ... vol.99「井口 淳介の仕事」 >>