Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.102「田澤浦己の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.102 「田澤浦己の仕事」

2018年3月15日(木)pm21:00〜pm23:00


カットは、計算通りに点でつなげてつくるデジタルな感覚じゃない。
1本1本の髪を感じていく、アナログな世界だと思う。

「ヘアースタイルにも、クオリティーがある」、と知ったのは、初めてEIJIの仕事を見た時。
以来、25年以上、NewYorkDryCut に取り組んでいる。
思いに応じて、目線、立ち位置、左手、ハサミの角度...、何もかもが変わってくる。同じ方法は一ヶ所もない。
「こうしたらどうだろう」を繰り返し、発見の連続のサロンワークがたまらなく楽しい。

好きなのは、きれいな毛先。すべての毛先で表現される“きれいさ“に心惹かれる。
形のカッコよさだけでは物足りない。
髪が自然に落ちる状態から、その先、どう動かしてもきれいな毛流れ、
シェイプも途切れない、矛盾のない動き。
テクスチャーや、頭を動かした時、手を入れた時の、“表情“へと想像が広がる。

今、知っているカット技術の可能性は、まだまだ氷山の一角だと思う。
その下をたどっていけば、どこまでも奥深くへと広がっている。
自分の思いのすべてを、技術に乗せて表現できる。
大事につくりたい。


d0173878_17090031.jpg


d0173878_17085159.jpg
d0173878_17085600.jpg
d0173878_17093108.jpg





https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-02-18 11:56 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)
<< vol.103「YOSHITO... vol.101「100回記念 ... >>