Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.103「YOSHITOの仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.103「YOSHITOの仕事」

2018年4月12日(木)PM9:00~PM11:00

技術力があれば、美容師の仕事に戦略はいらない。

NewYorkDryCut に取り組んで7年目。埼玉のサロンでは、¥1万のカットプライスで日々忙しい。
先日のティーチインで、EIJIのデモンストレーションのアシストを担当した。
シンプルなワンレングス。パネルを下ろしては同じ長さに切る。「忍耐」という言葉が浮かんだほど
同じことの繰り返しとしか思えなかったが、見続けていると、機械作業のような均一さではなく、
次はどうする、次はどうする、すべてに生々しいEIJIの仕事を感じた。
“きれい”に、近道も遠回りもない、目の前のことがすべてなんだ。

カッコいいスタイルをつくろう、上手くカットしようと思うほど、おかしな結果になっていく気がしていた。
それでも、NewYorkDryCut だから大丈夫、とも思いたい。お客様に喜んでいただいたら、
それで良しと納得したくもなる。でも、どこか気持ちよくなかった。
思い返したら恥ずかしいほど、目の前の大事なことを見落としていた。

自分のやり方で、と余計な縛りをつくっていたかも知れない。
今、外へ目をむけ、人の仕事にふれて、反応していく楽しさを実感している。
思ったようにできない事は受け入れ、次へと進めばいい。
これまで以上に、カットが何より楽しい。
一瞬たりとも、見逃したくない。

d0173878_16310106.jpg
d0173878_16313161.jpg
d0173878_16311086.jpg
PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-03-18 18:10 | YOSHITOの仕事 | Comments(0)
<< vol.104「須藤 昌彦の仕事」 vol.102「田澤浦己の仕事」 >>