Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.109「角山 宗の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.109「角山 宗の仕事」

2018年10月11日(木)PM9:00~PM11:00

美容師だった母親の古い名刺には、『技術とセンスの店』という一文があった。
「一生、技術を高めていける」と仕事の魅力を語っていたのを、子供の頃に聞いていた。
今、心から共感できる。

都内での修行時代、多店舗展開をしていたサロンに入り、22歳の若さで店長に。
その後、さらなる高みを求めて、雑誌やヘアーショーでも活躍の有名店へ移籍。
「かっこいいものをつくりたい」、競い合う中で、業界誌・一般誌にも掲載されるスタイリストになっていく。
地元・宇都宮へ戻ってからも、美容室激戦地で、着実に顧客をつかんでいった。
順調な時ほど、集客・求人、経営者として考えることも増え、年齢・経験を重ねるほどに、漠然と不安が募った。
感性が鈍ってきているのではないか、自分の技術は時代遅れなのか・・・


7年前、震災が不安に追い打ちをかけていた頃、NewYorkDryCut のイベントで衝撃を受けた。
翌日には講習に申し込み、ベーシック受講中から、お客様にも使ってみる。効果を感じることもあれば、
あまりにも程遠い気持ちにもなる。試しに、削ぎのテクニックも併用してみたが、途端につじつまが合わなくなる。
求めていた質感が出せない。見よう見まねだけでは上達できない。実感がつかめるまでやってみよう。


50代を迎えた今、¥8,000の料金をいただくカットに、毎回必死だ。
お客様の言葉に一緒に喜び、ひとつずつ自信になる。毎日の仕事に、ハラハラドキドキワクワクがある。
この夏の EIJI ティーチインでは、無我夢中でカットした先に、
「ひとりでは見たことのないものが出てきた」。未知の世界を垣間見られ、また嬉しい。
まだ出来ない表現、気がついていないことが山ほどあって、
この先の広がりが楽しみで仕方ない。

d0173878_18152548.jpg
d0173878_18160969.jpg




d0173878_18160939.jpg
d0173878_18153503.jpg





PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-09-14 20:00 | 角山 宗の仕事 | Comments(0)
<< vol.110「後藤 渉の仕事」 vol.108「中来田 次郎の仕事」 >>