Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.110「後藤 渉の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.110「後藤 渉の仕事」

2018年11月8日(木)PM9:00~PM11:00

悔しさも、初めての達成感も、仕事の中で味わっている。

美容師歴 5年、WORKS のアシスタント。
美容学校生時代に見たイベントで、EIJI がカットしたボブスタイルを、
とにかく「きれい」と感じたことをきっかけに、NewYork DryCut のスタイリストを志す。

カットもカラーも、モデルであっても、人への施術はいつも、やってみたい気持ちと表裏一体で、怖さも大きい。
悔やむ仕事は、怖さが勝って、知ってる範囲の「無難な方」を選んでしまった時。
また、思ったようなカラーを出せなかったモデルを、次回へ持ち越ししようとしていたら
「そのままで帰していいのか」と問われ、ハッとしたこともある。

“責任感”は、人を思うほどに強くなった。
相手にとってより良い方だけを考えると、自然と新しい“挑戦”をしているのに気づく。
周りにも意見を求め、さらに考える。先送りはできない、ウィッグでの実験やシミュレーションも繰り返す。
経験からの裏付けが増えるほど、やってみよう、と踏み出せる勇気になる。

WORKS では、年齢問わずスタイリストデビュー時のカットプライスは、¥8,000。来年のデビューを目指す。
自分が生まれた頃から NewYork DryCut に取り組んでいるベテランたちと肩を並べ、
自分にとっての「きれい」を、どこまでも追いかける。
人を思って始まる仕事を
粘り強く、表現出来るまで、やっていきたい。



PHOTO_上松尚之
© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/


[PR]

by hirooworks | 2018-10-19 20:16 | 後藤渉の仕事 | Comments(0)
<< vol.111「塩屋明郎の仕事 vol.109「角山 宗の仕事」 >>