Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

vol.111「塩屋明郎の仕事


vol.111「塩屋明郎の仕事」

2018年12月6日(木)PM9:00~PM11:00

25歳の時、客席から見ていた最初の『EIJI LIVE』で、強烈に心が動いた。
「何でもできる!」
以来、すでに人生の半分以上、
途切れることなく NewYorkDryCut と共にある。

最近は、若い人達のいい作品を目にすると、正直、焦る。
キャリアに関係なく、「いいものはいい」と受け入れてみる。やっぱり悔しい。
1回カットできたから、またできるとは限らない。こうしなきゃ、と縛られ不自由になったり、
足踏みしたり、怖くなったり、何度も仕切り直しながら続けてきた。受け身にまわると、途端につまらなくなる。
自分もつくってみたい、こんな表現をしてみたい、
心動かされるものがある度に、見える世界は広がった。

今年の『EIJI LIVE』では、記録用の映像撮影を任された。
もちろん映像は素人だが、真剣な仕事に対して真剣に、真正面から向かわないと撮れないと思った。
レンズを通して、EIJI と一緒にカットしているような一体感を感じ
最初の「何でもできる!」が鮮烈に蘇った。いいと思ったら、マネしてでもすぐにやってきた。
突き動かされ、再びスイッチが入った。

「大事に扱う」、自分にとっての原点は忘れたことはない。
自分の手でつくり出した時の、新鮮な驚き、嬉しさ。
すべてが積み重なると、すごいものになる。

d0173878_15340241.jpg
d0173878_15341257.jpg
d0173878_15340976.jpg
d0173878_15340660.jpg




PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-11-10 16:14 | 塩屋明郎の仕事 | Comments(0)
<< vol.112「水島ゆかりの仕事」 vol.110「後藤 渉の仕事」 >>