Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:★次回予告( 3 )


vol.114「細川 良の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.114「細川 良の仕事」

2019年3月14日(木)PM9:00~PM11:00

NewYorkDryCut は、自分にとっては、なくてはならない“武器”。
美容師としていろんな“武器”を集めてきて、「やっぱりカットだ」とあらためて思う。

39歳、長野県松本市の中心部にサロンをオープンして6年。毎日忙しい人気美容師だ。
原宿の有名サロンで美容師人生をスタートし、「できることは全部やろう」の精神で
エクステ、ヘアーケアマイスターの資格、メイクでコンテストにも挑戦したり、何でもやってきた。
地元へ戻ってからも、各地の講習会へ足繁く通い続けていた中で、2014年、松本での『EIJI LIVE』へ。
サロンは軌道に乗って一安心、でも自分の技術にどこか不安もあって、確かめたくて見に行った。
立体感のあるシェイプ、毛先の動き、指の抜け感、・・・、髪ってこんなにもきれいになるんだ!
どんな感じか分かったら自分のカットにミックスしようくらいの考えだったが、
コテンパンにやられた。

講師の仕事からは、1本の髪への思いまで伝わってくる。明確なビジョンを感じて、
毎回自分の仕事がリセットされる感覚だ。
サロンワークでは、自分でもお客様の髪が変わっていくのが分かる。カットで変わると、
カラーの見せ方、パーマのふんわり感、ヘアースタイルそのもののクオリティーが高まり、満足感も上がる。
美容師はみんなNewYorkDryCutをやった方がいい。
出来上がりはみんな違うから、隣の美容室が始めても気にならない。
手にした“武器”を、もっと育てて、進化させていきたい。


[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-02-18 13:55 | ★次回予告 | Comments(0)

vol.113「三浦 和幸の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.113「三浦 和幸の仕事」

2019年2月14日(木)PM9:00~PM11:00

3年前、ベーシック講習の途中で、カットプライスを¥1万に。

そこからは、激動の日々。現在37歳、それまでの美容師人生を遥かに越えるスピードで、
“濃く”経験を積んでいる。

カットで思ったようにならないところがあっても、「そういうものでしょ」と、
カットを学ぶ必要性も感じていなかったのが、今では、四六時中カットについて考えている。
再来店されたお客様の髪から前回の自分の仕事を振り返る、その日気になった仕事を省みる、
周りからのアドバイスや、日常生活で目にした“きれい“をヘアースタイルに落とし込んで想像してみる。
カットにつながるあらゆる事柄をメモしている独自の『NewYorkDryCutノート』は、何冊にもなっている。

思いたつと行動に移すのが早い。突如、サロン内を全面改装したり、顧客カルテを廃止したり、
定休日や仕事のスタイルもいきなり変えてしまう。突拍子もない行動のようでも、
いつも自分の中では「理由」がある。結果として裏目に出たら、
検証しながら、軌道修正も早い。
講師を目指しての活動はまだ間もないが、毎回講習内容を細かく振り返り、
人の成長を考えることも、『NewYorkDryCutノート』に加わり始めている。

限界がないのが楽しい。
何回目でも、「自分のお客様」という感覚はもたない。お客様は自由、山ほどある美容室の中から
今日もたまたま選んで来てくださった。すべての責任が自分にあり、
今この1回に、緊張感と新鮮な気持ちをもって全力でいきたい。
生涯ハサミを持っていたいから、追求し続けるのはカット技術だ。


[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-01-31 15:30 | ★次回予告 | Comments(0)

vol.104「須藤 昌彦の仕事」


vol.104「須藤 昌彦の仕事」

2018年5月10日(木)PM9:00~PM11:00

懸命にカットしたボブスタイル、モデルの写真を見たEIJI が、
NYからわざわざ電話で伝えてくれた、「彼女はもっとかわいいよ」。
7年前の会話だが、今も残っている。


「勉強はいっぱいした」と、言いきれるほど若い頃から美容漬け。
サロンワークでも苦戦したことがなかったので、器用だと自負していた。
人気美容室に在籍していた20代から、忙しいスタイリストの一人として、アシスタントを何人も使い、
同時進行で沢山のお客様を担当した。旬のスタイルや似合わせ、スタイリングのテクニック、身につけた事も数多い。
ただ、50代60代までこのスタンスで仕事は出来ないだろう、先が見えず不安だった。
今振り返ると、お客様に喜んでいただけたら、8割の仕上がりでも満足していた。
「忙しい」を理由に、それ以上、突きつめる事をしなかった。


現在、栃木市のサロンでは、¥8,000のカットプライスで、クチコミだけで忙しい。
NewYorkDryCut を求めて入店したスタッフと、ベーシック受講中のスタッフもいる。
EIJI ティーチインでは、ほぼ毎回「へし折られる」が、そこでの軌道修正が自分にとって必要不可欠。
40歳目前、今またカットが楽しい。
お客様との人と人としてのコミュニケーションを大事に、
技術力で120%応えていく仕事がしたい。


d0173878_16460232.jpg
d0173878_16470090.jpg
d0173878_16471044.jpg


https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-04-13 20:36 | ★次回予告 | Comments(0)