Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

カテゴリ:YOSHITOの仕事( 3 )


vol.103「YOSHITOの仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.103「YOSHITOの仕事」

2018年4月12日(木)PM9:00~PM11:00

技術力があれば、美容師の仕事に戦略はいらない。

NewYorkDryCut に取り組んで7年目。埼玉のサロンでは、¥1万のカットプライスで日々忙しい。
先日のティーチインで、EIJIのデモンストレーションのアシストを担当した。
シンプルなワンレングス。パネルを下ろしては同じ長さに切る。「忍耐」という言葉が浮かんだほど
同じことの繰り返しとしか思えなかったが、見続けていると、機械作業のような均一さではなく、
次はどうする、次はどうする、すべてに生々しいEIJIの仕事を感じた。
“きれい”に、近道も遠回りもない、目の前のことがすべてなんだ。

カッコいいスタイルをつくろう、上手くカットしようと思うほど、おかしな結果になっていく気がしていた。
それでも、NewYorkDryCut だから大丈夫、とも思いたい。お客様に喜んでいただいたら、
それで良しと納得したくもなる。でも、どこか気持ちよくなかった。
思い返したら恥ずかしいほど、目の前の大事なことを見落としていた。

自分のやり方で、と余計な縛りをつくっていたかも知れない。
今、外へ目をむけ、人の仕事にふれて、反応していく楽しさを実感している。
思ったようにできない事は受け入れ、次へと進めばいい。
これまで以上に、カットが何より楽しい。
一瞬たりとも、見逃したくない。

d0173878_16310106.jpg
d0173878_16313161.jpg
d0173878_16311086.jpg
PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-03-18 18:10 | YOSHITOの仕事 | Comments(0)

vol.59「YOSHITOの仕事」

vol.59「YOSHITOの仕事」
2014年8月28日(木)PM9:00 〜 PM11:00


美容師という仕事から、美容師という生き方へ

昨年4月、埼玉にある自分の美容室で、
YOSHITOのカット=NewYork DryCut ¥8,000〜¥1万 のみと定めた。
ベーシック講習を終えて2年。いいと思って勉強を続けているのに、
お客様に出し惜しみしたくない。
単なる労働に対しての対価でなく、自分がいいと思える提案をし、
結果に喜んでもらい料金をいただく仕事がしたい。
掲げたプライスのプレッシャーが、モチベーションを上げてくれる。

2、3ヶ月すると、不安に襲われた。
何人もかけ持ちし忙しくしていた日常からの変化、
サロン経営、スタッフのこと、来店しないお客様のこと。
まだ上手くないのに…、高いと思わせてしまったか…、早まったかも…、考えるほど怖くなる。
戻すつもりはなかった。追い込まれ、行き着いたのは、
来てくださった方を、ひとりひとり大事にしていくしかない。必死だった。
半年過ぎると、再来店の予約が増えてきた。嬉しくて、“もっと”と無我夢中になった。

今、朝から夜まで、毎日がたまらなくおもしろい。
「向かう姿勢ひとつで人生が変わる」、
リアルな体験のまっただ中にいる。


d0173878_20423883.jpg

d0173878_20425611.jpg

d0173878_20435599.jpg


PHOTO_上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2014-07-24 16:24 | YOSHITOの仕事 | Comments(1)

vol.41「YOSHITOの仕事」

vol.41「YOSHITOの仕事」

2013年2月7日(木)PM9:00 〜 PM11:00



どこにいても、人の仕事をよく見て、探す。
自分が知らなかった・自分になかったいいものを目にしたら、
即、やってみる。
埼玉の[beauche]オーナー・下田 義人さん、
ためらわない、出し惜しみしない、きれいにする事へ全力をかけるのが信条だ。


20年前、美容師になりたての頃は、ひと通り技術を覚えたら辞める気だった。
後輩ができ、教える立場になって、技術に入り込んでいくうちに、おもしろさを知った。
自分が少しでも上手くなると、お客様の反応が変わる、後輩も成長する、
嬉しくて、また技術に入り込んでいく。
その繰り返しの中で、仕事の魅力を実感していった。


“人と共に生きている技術”、NewYork DryCut をそう感じている。
自分のやりたかったことが実現できる。

1回目の講習を受けた翌日からお客様へ実践し、取り組み始めて1年3ヶ月。
「YOSHITOの仕事」に、どう生き始めているのか。

d0173878_163426100.jpg

d0173878_16345048.jpg

d0173878_16352013.jpg

PHOTO_上松尚之
[PR]

by hirooworks | 2013-01-27 13:54 | YOSHITOの仕事 | Comments(0)