人気ブログランキング |

Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

<   2020年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


vol.126「須田祐司の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.126須田祐司の仕事

2020年3月12日(木)PM9:00~PM11:00

30歳を過ぎて美容師を選んだのは、NewYorkDryCut があったからだ。

前職は、ビルのガラスクリーニング。
その中でも、プロの技を競い合う「日本ガラスクリーニング選手権大会」で、日本一に輝いた経験をもつ。
いかに速く、きれいに窓ガラスを拭き上げるか。一切の無駄を省いた動き、道具の細部まで研究し、
ひたすら反復練習を繰り返しながら4年かけて頂点に立った。

NewYorkDryCutt に惹かれた始まりは、
スタイリスト達に感じた一流アスリートのようなストイックさ、
常に今を越えていこうとする姿勢だった。「一生追いかけていける世界」だと思った。

最初に「造形物としてきれい」と感じた前下がりのボブは、様々なスタイルに挑戦するのと並行して、
ずっと切り続けている。「弾力感」「1本1本パラパラと動く」「しなやかさ」など、
意識になかった言葉に触発されてさらに追いかけたくなる。
シンプルな中に沢山の狙いをもてて、表現できているか一目で分かる。
競い合っている感覚はないが、人のつくった“きれい”を目にすれば強烈に悔しい。
自分の課題が明らさまになって、じゃあどうする、そこからがまた面白い。

人の仕事を見る時、動画を撮る・メモする事をやめ、“見る”に集中すると決めてからは記憶力に磨きがかかった。
「そのデザインの発想はどこから来たのか」、サロンワーク中でも聞きたい衝動が抑えられなくなる。
実際のヘアースタイルはもちろん、人の何気ない言葉からも、
「知らなかった感覚」にふれるたびに、新たな興味が次々とかき立てられる。

人の髪をカットしている時間は、「楽しい」ばかりではない。
苦しい瞬間も、葛藤する時もあるが、
やり切って初めて分かる事がある。
理屈ぬきで、“きれい”を伝えられるヘアースタイルをつくりたい。



[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2020-02-14 17:15 | ★次回予告 | Comments(0)