Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:カット講習 ( 1 ) タグの人気記事


vol.107「岩橋 勇治の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.107「岩橋 勇治の仕事」

2018年8月23日(木)PM9:00~PM11:00

福岡・博多で、カット料金¥8,000。32歳のオーナースタイリスト。

ニューヨークで働いていた5年ほど前、「同郷の有名な先輩に一度会ってみたい」、
ドライカットの事は何も知らず、挨拶くらいの気持ちで EIJI を訪ねたのが始まりだ。
当初、技術的には「なんとなく気になった」程度。EIJI の“熱さ”に引き寄せられ何度も足を運んだ。

小さい頃から、髪型やファッションへのこだわりが人一倍強かった。
順調な美容師人生で、技術で手こずったことも、お客様が増えない悩みも経験したことがない。
「アメリカに行ってみたい」、24歳で単身サンフランシスコへ。美容室で働きながら英語を覚え、憧れのNYヘ。
シューティング、コレクションのバックステージ・・・、やってみたいことを20代で次々と実現していく。

帰国してすぐに大阪のベーシック講習へ。お客様や家族をカットすると、
反応がこれまで以上に良い。手応えを繰り返しているうちに、どんどん興味が深くなった。
今では、NewYorkDryCut は「できないことがないカット」と思っているが、
数年前の自分は、「できてないことにも気づいてなかった」。これができるようなったからいいや、
「自分で限界を決めていた」。カット技術もお客様のことも
「考えていたけど、ぜんぜん足りなかった」。


「なんとなく」から始まった NewYorkDryCut を、続けてきて良かったと
最近あらためて実感している。
もともと美容師の仕事が好き。その中で、これしかないと追いかけられる好きなものに出会えた。
今、自分の範囲を越えて、何でも受け入れてみたい。
プレイヤーとして、もう一歩、先の世界を見てみたい。




[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-07-18 15:41 | ★次回予告 | Comments(0)