人気ブログランキング |

Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:ドライカット講習 ( 3 ) タグの人気記事


vol.121「桐井冬樹の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.121「桐井冬樹の仕事」

2019年10月10日(木)PM9:00~PM11:00

「いい仕事をしたら、お客様は必ず来る」、EIJIの言葉に、
美容師としてどう生きるかを問われている気がした。自分もそこで勝負したい。


カットが得意だと思っていた。
お客様から「天職だね」と言われるほど美容師の仕事が好き。
アシスタント時代から、時間とお金を様々なカット講習で使い、東京へ出てきた理由も、
いろんなカット講習へ行けると思ったからだ。
横浜にサロンをオープンしてからも、お客様は途切れず、皆喜んでくださる。
でも、一日の終わりに、なんとも言えない「申し訳ない」感、心残りもあって、ずっと満足できずにいた。


張っていたアンテナに、雑誌に載ったEIJIのスタイル写真がひっかかったのが6年前。
それまでの自分のカットでも、立体感や面のきれいさは出せたが、それ以上へは行けなかった。
一通り学んでサロンワークに落とし込むつもりでいたが、悔しいほど出来なくてのめり込んだ。
NewYorkDryCut は、当たればホームラン、空振り三振になってしまうのも自分次第。
40代になっても、美容師の楽しさに、まだ先があることを常に教えてくれる。


現在、1万円のカット料金で毎日忙しい。
ひとりひとりのお客様とじっくり向き合い、夢中でカットしていく。
他店の動向、プライス設定やメニュー内容をチェックしていた時期もあるが、今では一切気にならない。
SNSは苦手、ディスカウントも好きじゃない、集客法に労力を使うよりカット技術を磨いていたい。
「いい仕事をしたら、お客様は来る」、その事例の一人になり、もっと講習生の力になりたい。
生涯、美容師として、髪を切り続けていたい。
10年後、どれだけ上手くなれているだろうと思うと楽しみで仕方ない。

d0173878_13515814.jpg
d0173878_13515943.jpg

d0173878_13514632.jpg
d0173878_13514909.jpg







PHOTO_TOMONORI NAKAMURA(WORKS)

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-09-13 19:52 | 桐井冬樹の仕事 | Comments(0)

vol.102「田澤浦己の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.102 「田澤浦己の仕事」

2018年3月15日(木)pm21:00〜pm23:00


カットは、計算通りに点でつなげてつくるデジタルな感覚じゃない。
1本1本の髪を感じていく、アナログな世界だと思う。

「ヘアースタイルにも、クオリティーがある」、と知ったのは、初めてEIJIの仕事を見た時。
以来、25年以上、NewYorkDryCut に取り組んでいる。
思いに応じて、目線、立ち位置、左手、ハサミの角度...、何もかもが変わってくる。同じ方法は一ヶ所もない。
「こうしたらどうだろう」を繰り返し、発見の連続のサロンワークがたまらなく楽しい。

好きなのは、きれいな毛先。すべての毛先で表現される“きれいさ“に心惹かれる。
形のカッコよさだけでは物足りない。
髪が自然に落ちる状態から、その先、どう動かしてもきれいな毛流れ、
シェイプも途切れない、矛盾のない動き。
テクスチャーや、頭を動かした時、手を入れた時の、“表情“へと想像が広がる。

今、知っているカット技術の可能性は、まだまだ氷山の一角だと思う。
その下をたどっていけば、どこまでも奥深くへと広がっている。
自分の思いのすべてを、技術に乗せて表現できる。
大事につくりたい。


d0173878_17090031.jpg


d0173878_17085159.jpg
d0173878_17085600.jpg
d0173878_17093108.jpg





https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-02-18 11:56 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.84「小林 恵の仕事」

2016年9月8日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.84「小林 恵の仕事」



8月6日、“盟友”とも言えるパートナー塩屋明郎 氏と、思いを込めたサロンをオープンした。
[ ONE hair ]。
美容師人生のすべてを NewYork DryCut と共に歩んで来た二人にとって、
大切な場が、またひとつ増えた。

美容師になったばかりの頃は、25年後の自分が、これほどカット技術を追い求めているとは、まったく想像していなかった。
もともと野心や、向上心に突き動かされるタイプではない。
EIJI を筆頭に、進化し続けて行く美容師達が常に周りにいて、お客様、講習生、様々な
人との関わりの中から、一歩先、さらに一歩先を思い描いて進んできた。
アシスタント時代にEIJIを驚かせたきれいなカットは、
今や、ウィッグの毛でもツヤ感、生き生きとした弾力感を表現する技で、飛び抜けている。

どれほどきれいにカット出来ていても、
少しでも相手の気持ちを見落としたり、聞き逃していたり、思い込みが混ざっていたら、
失礼な仕事だと思う。
ヘアースタイルは、お客様の“日常”と共にある。
美容室という特別な空間であっても、お客様も自分も、自然体で向きあい、
毎日の暮しに寄り添いながら、どんな瞬間も、“きれい”でいられるように。
カットを追求する中で感じてきた、様々な“きれい”の力。
ここから、さらに技術力を高め、狙うのは、
その人自身の芯にある“強さ”を引き出す“きれい”さ。

d0173878_1752478.jpg


d0173878_1755777.jpg

d0173878_17212199.jpg





PHOTO _上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

by hirooworks | 2016-09-08 16:52 | 小林恵の仕事 | Comments(0)