Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:ドライカット ( 18 ) タグの人気記事


vol.109「角山 宗の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.109「角山 宗の仕事」

2018年10月11日(木)PM9:00~PM11:00

美容師だった母親の古い名刺には、『技術とセンスの店』という一文があった。
「一生、技術を高めていける」と仕事の魅力を語っていたのを、子供の頃に聞いていた。
今、心から共感できる。

都内での修行時代、多店舗展開をしていたサロンに入り、22歳の若さで店長に。
その後、さらなる高みを求めて、雑誌やヘアーショーでも活躍の有名店へ移籍。
「かっこいいものをつくりたい」、競い合う中で、業界誌・一般誌にも掲載されるスタイリストになっていく。
地元・宇都宮へ戻ってからも、美容室激戦地で、着実に顧客をつかんでいった。
順調な時ほど、集客・求人、経営者として考えることも増え、年齢・経験を重ねるほどに、漠然と不安が募った。
感性が鈍ってきているのではないか、自分の技術は時代遅れなのか・・・


7年前、震災が不安に追い打ちをかけていた頃、NewYorkDryCut のイベントで衝撃を受けた。
翌日には講習に申し込み、ベーシック受講中から、お客様にも使ってみる。効果を感じることもあれば、
あまりにも程遠い気持ちにもなる。試しに、削ぎのテクニックも併用してみたが、途端につじつまが合わなくなる。
求めていた質感が出せない。見よう見まねだけでは上達できない。実感がつかめるまでやってみよう。


50代を迎えた今、¥8,000の料金をいただくカットに、毎回必死だ。
お客様の言葉に一緒に喜び、ひとつずつ自信になる。毎日の仕事に、ハラハラドキドキワクワクがある。
この夏の EIJI ティーチインでは、無我夢中でカットした先に、
「ひとりでは見たことのないものが出てきた」。未知の世界を垣間見られ、また嬉しい。
まだ出来ない表現、気がついていないことが山ほどあって、
この先の広がりが楽しみで仕方ない。


[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-09-14 20:00 | ★次回予告 | Comments(0)

vol.108「中来田 次郎の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.108「中来田 次郎の仕事」

2018年9月13日(木)PM9:00~PM11:00

ずっと緊張してる。
本当に喜んでほしい。準備もするし、経験してきたデータもあるけれど、
カット中、ひとつも安心はしていない。
一瞬も見逃せない。

31歳で初めて EIJI の仕事を見てから20年。¥4,500だったカットプライスは、
現時点で¥1万2,000円。姫路・大阪・東京で、常にフルブック。キャンセル待ちも絶えない。
カット技術を「追求してきた」という気持ちはあまりない。毎回、
表現しきれていない点、気になるところばかりに目がいく。
足りない部分を求め、後回しにせず、できるまで、ひたすらやっている。


想像してみる。
歩く、話す、下を向いた時、何気ない仕草・・・髪が、その人のありのままの日常に密着しながら、
どんな瞬間もより素敵に見えるように。
その人自身に寄り添い、輝かせてくれる、髪の動き、顔にかかる毛先のディテール・・・
人と共に、“生きてるヘアースタイル“をつくりたい。

d0173878_16545646.jpg
d0173878_17031859.jpg
d0173878_17021899.jpg
d0173878_16570896.jpg


PHOTO_上松 尚之
https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-08-26 20:18 | 中来田次郎の仕事 | Comments(0)

vol.106「森本 泰広の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.106「森本 泰広の仕事」

2018年7月12日(木)PM9:00~PM11:00

毎日、カットに悩んでる。四六時中、考えている。

NewYorkDryCut 23年目。大阪のサロンでは、¥1万2,000のカット料金で
連日、朝から夜までお客様が途切れることがない。
帰りの電車内、その日の仕事を振り返らずにいられない。
問題はどこか、どうすれば良かったか・・・、「地味に執着してる」。


その人に合う雰囲気、ニュアンスは、
お客様が入って来た時の感じ、ちょっとした言葉の中からポイントがつかめると
あとは自由に広がっていく。
お客様の期待感、心の奥にある今の気持ちにまで、必ず応えたい。
思い描いた長さやシェイプを、雑誌やネットの画像も使って確認しながら、
慎重に、イメージを明確にしていく。さらに、自分にとっての“旬”、
今なら、根元は軽くストレスなく動く髪、それでいて毛先は力強くやさしく、つややか・・・
形だけじゃない要素が加味されて、“森本デザイン”はより色濃くなる。


他のスタイリスト達の仕事を見て、表現してみたい事、できない事は、常にノートに書き出し、
独自の練習法をひとつひとつ試し続けている。23年の経験で確信がある、
具体的に思えば思うほど、必ず方法が見つかる、できるようになる。
「今回はうまくいった」、では納得できない。
いつでも、どこでも、誰にでも、思いのすべてをそのまま表現したい。
それができるカットなんだ。

d0173878_20160281.jpg
d0173878_20162008.jpg
d0173878_20163282.jpg
d0173878_20163891.jpg




PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-06-09 17:25 | 森本泰広の仕事 | Comments(0)

vol.105「菊地 勝の仕事」


vol.105「菊地 勝の仕事」

2018年6月7日(木)PM9:00~PM11:00

マンスリーライブ初、現役『理容師』の登場です。
バーバー歴35年、NewYorkDryCut 歴は、8年目。
髪を動かした時の毛先のやわらかさ、エアリー感が好きで、男性のお客様にも、積極的に活用している。
クセ毛を活かすスタイル提案で、¥8,000のカット料金をいただく女性のお客様もいる。

技術の世界は、自分の手でやってみて初めてつかめるものがあるから面白い。
若き日に、理容のコンクールへ挑んだ経験では、
技術の修練を通して、仕事へ向かう姿勢、人としてのあり方を叩き込まれた。
「礼に始まり、礼に終わる」
「ウィッグを大切に扱えなければ、お客様もそんな扱い方になる」
「どこまで行き届いた仕事ができているか」
技術も、掃除ひとつにも、お客様の気持ちにも、すべてつながっている。
NewYorkDryCut に取り組み初めは、それまで「カットの基本」と思っていたことが「ぶっ飛んだ」。
1本1本の髪を積み重ねていくデリケートな仕事は、
「上手くなりたい」思いを駆り立ててくれる。
「手入れがラクになった」「前と全然違う」、お客様から直に聞く声が継続の励みになる。


今も、理容・美容問わず、さまざまな講習に惜しみなく出かける。
「新しいこと、知らない世界は見てみたい」、好奇心が原動力だ。
理容師である限り、技術力でお客様に喜んでいただきたい。
細部まで、行き届いた仕事がしたい。

d0173878_16232382.jpg
d0173878_16231435.jpg
d0173878_16232620.jpg



PHOTO_NAOYUKI UEMATSU

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



[PR]

by hirooworks | 2018-05-23 16:43 | 菊地 勝の仕事 | Comments(0)

vol.104「須藤 昌彦の仕事」


vol.104「須藤 昌彦の仕事」

2018年5月10日(木)PM9:00~PM11:00

懸命にカットしたボブスタイル、モデルの写真を見たEIJI が、
NYからわざわざ電話で伝えてくれた、「彼女はもっとかわいいよ」。
7年前の会話だが、今も残っている。


「勉強はいっぱいした」と、言いきれるほど若い頃から美容漬け。
サロンワークでも苦戦したことがなかったので、器用だと自負していた。
人気美容室に在籍していた20代から、忙しいスタイリストの一人として、アシスタントを何人も使い、
同時進行で沢山のお客様を担当した。旬のスタイルや似合わせ、スタイリングのテクニック、身につけた事も数多い。
ただ、50代60代までこのスタンスで仕事は出来ないだろう、先が見えず不安だった。
今振り返ると、お客様に喜んでいただけたら、8割の仕上がりでも満足していた。
「忙しい」を理由に、それ以上、突きつめる事をしなかった。


現在、栃木市のサロンでは、¥8,000のカットプライスで、クチコミだけで忙しい。
NewYorkDryCut を求めて入店したスタッフと、ベーシック受講中のスタッフもいる。
EIJI ティーチインでは、ほぼ毎回「へし折られる」が、そこでの軌道修正が自分にとって必要不可欠。
40歳目前、今またカットが楽しい。
お客様との人と人としてのコミュニケーションを大事に、
技術力で120%応えていく仕事がしたい。


d0173878_16460232.jpg
d0173878_16470090.jpg
d0173878_16471044.jpg


https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-04-13 20:36 | ★次回予告 | Comments(0)

vol.99「井口 淳介の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.99「井口 淳介の仕事」

2017年12月7日(木)pm21:00〜pm23:00


「すべての美容師に、 NewYorkDryCut に取り組んでほしい」。

21歳から、NewYorkDryCut 一筋。
20代半ばで¥8,000のカットプライスを掲げてデビューし、最年少スタイリストの頃に
[HIROO WORKS]の店長もかってでた。若くして講師としての活動をはじめ、
次の世代へNewYorkDryCut を伝え継いでいく自負もある。
できるからやる、ではなく、身の丈以上の負荷をかけて、なんとしても追いつこうと這い上がる歩み方。
思い通りにいかないことも、悔しさも、嬉しさも、焦りも経験しながら、
この15年、「上手くなりたい」気持ちが途切れたことはない。


つるんとした髪そのもののきれいさ、その人自身に寄り添って動く髪のきれいさ・・・
続ける中で“きれい“の尺度は上がり、狙いどころが増してくる。
毎回の仕事で、一歩ずつ、表現できることが増えていくのを実感できるから、
もっと上手くなれる、「上手くなりたい」と思い続けられる。
いつも先があって、技術の追求が楽しくて仕方ない。


現在、カットプライスを¥1万に上げての挑戦がはじまっている。
EIJIが言った「1本の髪も失敗できない」、この言葉が胸に響いた。
髪を大切に扱うということは、その人の“気持ち“を大切に思うこと。
思いにも、深さ、広さがあり、形にするには圧倒的な技術力が必要だと思う。
自ら選んだ道に立つ責任と緊張感が、また先を見せてくれる。



【入場無料】
【会場】HIROO WORKS 03-3440-0909 
*動画の撮影はお断りしております。写真撮影可
d0173878_13270152.jpg
d0173878_13270776.jpg
d0173878_13274537.jpg
d0173878_13273450.jpg






PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-11-11 21:37 | 井口淳介の仕事 | Comments(1)

vol.98「相澤 美沙の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.98「相澤 美沙の仕事」

2017年11月9日(木)pm21:00〜pm23:00


世間には、「上手い美容師」が山ほどいると思う。
ラインやシルエットのカッコよさに、上手いなぁと感じる。
NewYork DryCut に取り組んで10年。自分だったら、
さらにあんな動きも、こんな柔らかさも出したいと、次々に浮かんでくる。

渋谷の中心地で、女性4人のサロンを営むオーナースタイリスト。
2歳の男の子のママでもあり、曜日と時間を決めてサロンワークに復帰しながら、
今年の4月には新店舗へ移転。¥9,000のカットプライスを、¥1万に上げて挑戦している。
お客様が店内に一歩足を踏み入れて座るまでにヘアーデザインが浮かぶ。ひらめきのままを表現してきたが、
「まだ何かないか」と、鏡の前であらゆる可能性を探すようになった。

人それぞれの中にある強さ、芯のある“カッコいい”女性像を思う。
今、その人がもうワンステップ輝けるヘアースタイルにしたい。
年齢問わず“今っぽさ”は、大事なスパイス。色や質感でプラスしても楽める。
ラクにスタリングできて、毎日カッコよくいられるように。
簡単なアレンジで、お客様自身が自由に楽しんでもらえたら嬉しい。

見たこともない奇抜なデザインも、シンプルで上質なスタイルも、
人を思い、想像したすべてを、NewYork DryCut ならどこまでも表現できる。
40年、50年先、80歳、90歳になっても美容師でいたい。
無限に先がある“カッコよさ”のクオリティーを高めていきたい。


【入場無料】
【会場】HIROO WORKS 03-3440-0909
東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
*地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*参加ご希望の方は、事前のご連絡をお願いいたします

ワンドリンクサービスあり 
*動画の撮影はお断りしております。写真撮影可


https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-10-15 16:03 | 相澤美沙の仕事 | Comments(0)

vol.97「林 江美の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.97「林 江美の仕事」

2017年10月12日(木)pm21:00〜pm23:00


「自分がお客様だったら、こんな美容師に出会いたい」
その理想像を、まっすぐに追いかけてきた。

30歳で理美容師へ嫁いだのをきっかけに、想定外だった「美容師の道」へ。
NewYorkDryCut のベーシック講習から3年経たないが、
¥8,000のカットプライスで、予約がとりづらいと評判になるほど忙しい。
千葉の九十九里の海に近い旭市。長女と一緒に働くサロンは、
裏道のまったく目立たない場所。そこに県外からも、お客様がやって来る。
小学2年の長男、幼稚園に通う次女の、子育て真っ最中でもある。
5年前、空き店舗だったこの場所で一人で営業をはじめた時、顧客は10名しかいなかった。

サロンにいる間は、頭の中も体も全力でお客様へむかう。
「その人のすべてをデザインしたい」、要望をもとに100%提案型。
常に“お客様から発想“のスタンスで、“今その人にとって必要”と思うことだけをおすすめする。
自分の都合や経営上からは一切考えない、軽いノリの会話もない。
女性にとって大事な髪に真剣でありたい。
1年先まで想像しての季節ごとの提案で、互いに先が楽しみになっている。

“売れる法則”や、リーピトする“仕組み”も、あれこれ勉強してきたが、
「技術者は、上手いか下手かしかない」。
どれほど目の前のお客様を思っても、テクニックがなければ、喜んでもらえない。
自分自身が、少しずつでも前進して、進化し続けられたら、
お客様へできる事がもっと増えて、もっともっと楽しくなれる。

d0173878_18355751.jpg
d0173878_18362580.jpg




d0173878_18363388.jpg




d0173878_18361872.jpg







PHOTO_NAOYUKI UEMATSU


https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-10-12 23:13 | 林 江美の仕事 | Comments(0)

vol.95「高田真彦の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.95「高田 真彦の仕事」

2017年8月24日(木)pm21:00〜pm23:00
*かねてより予告していた日程と変更しました、ご注意ください


街行く女性たちのヘアースタイル、サロン空間、身につけるファッション、
目にするあらゆる物に、一家言もっている。
「こだわりがある」と言ったら、本人は否定していたが、聞くほどに
独自の美意識、自分なりの審美眼を感じる。

もともと、「習いに行く」「教えてもらおう」と考えるより、
「こうしてみたい、こうやってみようか」と、試行錯誤で技術を身につけてきた。
最初に就職した美容室で教わったドライカットを、20年以上ひとり探求していたが、
40代で自分のサロンをもってすぐ、「もう美容で学ぶことはない」と思っていた頃、
初めてご来店されたお客様から NewYorkDryCut の話を聞いた。すぐに調べて、
即決でベーシック講習へ。1回目の受講日、見本ウィッグの前下がりのボブに心が躍った。
そこから3年。美容師人生が、こんなにも楽しくなるとは思ってもみなかった。

お客様には、顔かたちはもちろん、気持ちにもしっくり合うスタイルを探したい。
ニュアンスから生まれるスタイルは、技術力を伸ばせば、どこまでも鮮明に表現出来る。
カットのすべての過程に、「こうしたかったから、こうした」と軌跡が残る仕事が出来る。
今、自分の“旬”は、しっとりなめらかな質感。
大人の女性は、この質感で、ぐっとグレードが上がる。
自分の手でつくり出していく嬉しさ、楽しさに、心が踊り続けている。





© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-08-24 16:36 | 高田真彦の仕事 | Comments(0)

vol.91「竹村 江津子の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.91「竹村 江津子の仕事」

2017年4月13日(木)


「自分でも、いいと思える仕事が出来ているか」、EIJI にそう問われた時、ハッとした。

1万円のカット料金で、2ヶ月先まで予約が埋まっている。
通常10時の営業開始を、週に3、4回は前倒しで朝8時から予約を取っても枠が足りない。
姫路で営むマンツーマンサロンには、NewYorkDryCut の看板もなければ、
ホームページもない。口コミだけで、ヒマな日がない。

人の5倍は練習したと言えるほど、若い頃から本気で美容に打ち込んできた。
20代半ばで NewYorkDryCut に取り組み、20年以上。
今年はさらなるスキルアップの年と決め、ティーチインは、EIJI と共に、大阪へ、東京へ。
「一足飛びで上手くなる方法」を求めていたが、発見したのは、
毎日のお客様一人一人に、真剣に向かう積み重ねしかない。


ティーチイン以降は、一日の仕事を終えると、ヘトヘト。
どんなに忙しくなっても、お客様へ一所懸命向かってきた自負はあるが、
一所懸命にも真剣にも、まだ先があった。
こんなにも疲れるのかと思うほど体はしんどいが、
それを上回る、爽やかな気持ちが残る。深夜にサロンを片付けながら、ヘトヘトなのに、
もう一人カットしたいと思えてくる。


再始動した今、講師として、講習生にも、常に先を見せ続けたい。
先々のモチベーションを、目で見て伝わる仕事を。
思いを込めた挑戦が始まっている。

d0173878_15135761.jpeg
d0173878_15134179.jpeg
d0173878_15141768.jpeg
d0173878_15144097.jpeg






photo_NAOYUKI UEMATSU


© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2017-03-23 13:23 | 竹村 江津子の仕事 | Comments(0)