人気ブログランキング |

Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:ニューヨークドライカット ( 25 ) タグの人気記事


vol.119「古平朱美の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.119「古平 朱美の仕事」

2019年8月22日(木)PM9:00~PM11:00

「カット料金を上げる」、そんな考えは頭をよぎった事もなかった。

長野県大町市、北アルプスの麓、山々に囲まれたのどかな地にサロンをオープンして22年。
それまでの倍、¥8,000のカット料金で日々忙しい。
他店の美容師たちと共に、松本での NewYorkDryCut クラスで学び始めて11年目。
毎月、講師に見てもらう、大阪や東京へ出向いて仕事を見る、自分もお客様体験をしてみる。
勉強を続けるのは、“生活の一部”になっている。

昨年、美容師人生で初めて、半年以上もサロンに立てない事態になった。
仕事と子育てに奔走した時期でも体調不良で休んだことのなかった自分に、
思わぬ病気が見つかり入院、直後に右手の骨折。この先やっていけるのか、お客様が離れてしまうのでは・・・、
不安と寂しさでいっぱいの中、病院のベッドの上で、「腹がすわった」。
復帰したら、また一から積み重ねていけばいい。無理なくそう思えた。

長年「当たり前」に思っていた、何人ものスタッフを育てながらのサロンワークにも変化は来た。
アシスタントを募集してもまったく反応のない人手不足の現実。
少数精鋭。「スタッフに注いでいたエネルギーを、すべてお客様に向けよう」。
そう切り替えると、カウンセリングから変わった。
よりカットが楽しくなり、紹介のお客様が増えている。

NewYorkDryCut は、これぞ“美容師の技術”。
お客様も知らない嬉しさを限りなく提供できる。
続けるほどに、カットの課題は尽きない。たったひとつを知っただけで、
次の日から、いいカットができる予感でワクワクしてくる。
一番の励みは、地元のお客様に、カットに価値を見出してもらえたこと。
ここからもっと、技術力を高めていきたい。


[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-07-12 21:42 | ★次回予告 | Comments(0)

vol.118「小林 恵の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.118「小林 恵の仕事」

2019年7月11日(木)PM9:00~PM11:00

経験するほどに、豊かになれる。

自分のカット技術に納得がいく事は、ほとんどない。
お客様に喜んでいただけて嬉しい、人から「上手い」と言われたら確かに嬉しいが、
NewYorkDryCut に取り組んで25年以上、自分の中では、「まだ」「もっと」が絶えない。
髪はもっときれいになる。

他のカット技術を勉強せずに NewYorkDryCut でスタイリストになった第1号。
アシスタント時代、EIJI のカットしたボブに、「きれいだな」と心動かされた経験から始まった。
20年前から¥9,000のカット料金を掲げてのサロンワーク。
EIJI や共に研究を続けるスタイリスト達の仕事から受ける刺激。
シンプルに追い続けてきた“きれい”は、より深みを増して広がってきた。
20代から続けている講師としての活動では、講習生一人一人の技術へ真正面から踏み込んでいく。
次に、何を見たら、どんな経験ができたらいいか。考え続けるのが日課だ。

長いお付き合いのお客様も、決めつけやパターンで人を見たくない。
今のその人自身から“イメージ”を広げていく。合うヘアースタイルはひとつではない。
思いついたひとつにとらわれず、まったく違う角度からも自由に思い巡らせてみるのが楽しい。
新鮮な感覚に出会えると、より情熱が湧いてくる。
さらに多様な発想力と、想像するスピード感を鍛えていきたい。
これから先の仕事が、もっと豊かに広がっていく。
d0173878_15531729.jpg
d0173878_15541228.jpg
d0173878_15533770.jpg


PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-06-14 20:30 | 小林恵の仕事 | Comments(0)

vol.117「大島竜徳の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.117「大島竜徳の仕事」

2019年6月13日(木)PM9:00~PM11:00

コマーシャルや、ブランディングを頑張らなくても、
お客様は、もっと期待してくれる。
“きれい”を追いかけていたら、美容師は仕事の価値を上げられる。


ファッションが好き、デザインすることが好きで、
若い頃から地元では人気の美容師。現在は、
栃木に2店舗のサロンをもつ。カットプライスを、周辺サロンの倍、¥8,000にした2年前には
「この場所でもお客様は来てくれるか」、不安がよぎったこともあるが、今では日々忙しい。
NewYorkDryCut 講師として、営業後に行われる東京での講師の勉強会にも参加している。毎回、足りない部分が
ハッキリ分かって「悔しい」。朝、新幹線で戻ってすぐ営業前にウィッグを切り直すこともある。
また、地元の他サロンの美容師とも勉強したいとの思いから、
栃木での講習クラス、セミナー開催を実現している。
栃木にも、仕事への“探究心”でつながり、
ライフワークとして研究し続けていく文化を根づかせたい。



忙しい=上手い、と思っていた。20年以上美容師をやってきても、カットのこと、髪について、
まだ知らない事、見えていないものが山ほどあるのが悔しい。
一人一人の美容師が、自力で仕事の価値を上げていった先には、
大げさかも知れないが、カリスマ美容師ブームの頃にはよく耳にした「美容師の社会的地位を上げたい」という、
そこにもつながって、実現可能な気がしてくる。


技術は、続けるほどに蓄積されていく喜びがある。
60歳、70歳になっても、好きな仕事を追求し続けている美容師でいたい。

d0173878_15345186.jpg
d0173878_15331513.jpg
d0173878_15322072.jpg
d0173878_15343782.jpg






PHOTO_上松 尚之
https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-05-10 17:37 | 大島竜徳の仕事 | Comments(0)

vol.113「三浦 和幸の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.113「三浦 和幸の仕事」

2019年2月14日(木)PM9:00~PM11:00

3年前、ベーシック講習の途中で、カットプライスを¥1万に。

そこからは、激動の日々。現在37歳、それまでの美容師人生を遥かに越えるスピードで、
“濃く”経験を積んでいる。

カットで思ったようにならないところがあっても、「そういうものでしょ」と、
カットを学ぶ必要性も感じていなかったのが、今では、四六時中カットについて考えている。
再来店されたお客様の髪から前回の自分の仕事を振り返る、その日気になった仕事を省みる、
周りからのアドバイスや、日常生活で目にした“きれい“をヘアースタイルに落とし込んで想像してみる。
カットにつながるあらゆる事柄をメモしている独自の『NewYorkDryCutノート』は、何冊にもなっている。

思いたつと行動に移すのが早い。突如、サロン内を全面改装したり、顧客カルテを廃止したり、
定休日や仕事のスタイルもいきなり変えてしまう。突拍子もない行動のようでも、
いつも自分の中では「理由」がある。結果として裏目に出たら、
検証しながら、軌道修正も早い。
講師を目指しての活動はまだ間もないが、毎回講習内容を細かく振り返り、
人の成長を考えることも、『NewYorkDryCutノート』に加わり始めている。

限界がないのが楽しい。
何回目でも、「自分のお客様」という感覚はもたない。お客様は自由、山ほどある美容室の中から
今日もたまたま選んで来てくださった。すべての責任が自分にあり、
今この1回に、緊張感と新鮮な気持ちをもって全力でいきたい。
生涯ハサミを持っていたいから、追求し続けるのはカット技術だ。

d0173878_14553096.jpg
d0173878_14555427.jpg
d0173878_14555489.jpg
d0173878_14555462.jpg
d0173878_14555499.jpg




PHOTO_上松 尚之
https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-01-31 15:30 | 三浦和幸の仕事 | Comments(0)

vol.108「中来田 次郎の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.108「中来田 次郎の仕事」

2018年9月13日(木)PM9:00~PM11:00

ずっと緊張してる。
本当に喜んでほしい。準備もするし、経験してきたデータもあるけれど、
カット中、ひとつも安心はしていない。
一瞬も見逃せない。

31歳で初めて EIJI の仕事を見てから20年。¥4,500だったカットプライスは、
現時点で¥1万2,000円。姫路・大阪・東京で、常にフルブック。キャンセル待ちも絶えない。
カット技術を「追求してきた」という気持ちはあまりない。毎回、
表現しきれていない点、気になるところばかりに目がいく。
足りない部分を求め、後回しにせず、できるまで、ひたすらやっている。


想像してみる。
歩く、話す、下を向いた時、何気ない仕草・・・髪が、その人のありのままの日常に密着しながら、
どんな瞬間もより素敵に見えるように。
その人自身に寄り添い、輝かせてくれる、髪の動き、顔にかかる毛先のディテール・・・
人と共に、“生きてるヘアースタイル“をつくりたい。

d0173878_16545646.jpg
d0173878_17031859.jpg
d0173878_17021899.jpg
d0173878_16570896.jpg


PHOTO_上松 尚之
https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-08-26 20:18 | 中来田次郎の仕事 | Comments(0)

vol.107「岩橋 勇治の仕事」


vol.107「岩橋 勇治の仕事」

2018年8月23日(木)PM9:00~PM11:00

福岡・博多で、カット料金¥8,000。32歳のオーナースタイリスト。

ニューヨークで働いていた5年ほど前、「同郷の有名な先輩に一度会ってみたい」、
ドライカットの事は何も知らず、挨拶くらいの気持ちで EIJI を訪ねたのが始まりだ。
当初、技術的には「なんとなく気になった」程度。EIJI の“熱さ”に引き寄せられ何度も足を運んだ。

小さい頃から、髪型やファッションへのこだわりが人一倍強かった。
順調な美容師人生で、技術で手こずったことも、お客様が増えない悩みも経験したことがない。
「アメリカに行ってみたい」、24歳で単身サンフランシスコへ。美容室で働きながら英語を覚え、憧れのNYヘ。
シューティング、コレクションのバックステージ・・・、やってみたいことを20代で次々と実現していく。

帰国してすぐに大阪のベーシック講習へ。お客様や家族をカットすると、
反応がこれまで以上に良い。手応えを繰り返しているうちに、どんどん興味が深くなった。
今では、NewYorkDryCut は「できないことがないカット」と思っているが、
数年前の自分は、「できてないことにも気づいてなかった」。これができるようなったからいいや、
「自分で限界を決めていた」。カット技術もお客様のことも
「考えていたけど、ぜんぜん足りなかった」。


「なんとなく」から始まった NewYorkDryCut を、続けてきて良かったと
最近あらためて実感している。
もともと美容師の仕事が好き。その中で、これしかないと追いかけられる好きなものに出会えた。
今、自分の範囲を越えて、何でも受け入れてみたい。
プレイヤーとして、もう一歩、先の世界を見てみたい。
d0173878_20054778.jpg
d0173878_20054704.jpg
d0173878_20275612.jpg
d0173878_20280346.jpg




PHOTO_上松 尚之
https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-07-18 15:41 | 岩橋勇治の仕事 | Comments(0)

vol.106「森本 泰広の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.106「森本 泰広の仕事」

2018年7月12日(木)PM9:00~PM11:00

毎日、カットに悩んでる。四六時中、考えている。

NewYorkDryCut 23年目。大阪のサロンでは、¥1万2,000のカット料金で
連日、朝から夜までお客様が途切れることがない。
帰りの電車内、その日の仕事を振り返らずにいられない。
問題はどこか、どうすれば良かったか・・・、「地味に執着してる」。


その人に合う雰囲気、ニュアンスは、
お客様が入って来た時の感じ、ちょっとした言葉の中からポイントがつかめると
あとは自由に広がっていく。
お客様の期待感、心の奥にある今の気持ちにまで、必ず応えたい。
思い描いた長さやシェイプを、雑誌やネットの画像も使って確認しながら、
慎重に、イメージを明確にしていく。さらに、自分にとっての“旬”、
今なら、根元は軽くストレスなく動く髪、それでいて毛先は力強くやさしく、つややか・・・
形だけじゃない要素が加味されて、“森本デザイン”はより色濃くなる。


他のスタイリスト達の仕事を見て、表現してみたい事、できない事は、常にノートに書き出し、
独自の練習法をひとつひとつ試し続けている。23年の経験で確信がある、
具体的に思えば思うほど、必ず方法が見つかる、できるようになる。
「今回はうまくいった」、では納得できない。
いつでも、どこでも、誰にでも、思いのすべてをそのまま表現したい。
それができるカットなんだ。

d0173878_20160281.jpg
d0173878_20162008.jpg
d0173878_20163282.jpg
d0173878_20163891.jpg




PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-06-09 17:25 | 森本泰広の仕事 | Comments(0)

vol.105「菊地 勝の仕事」


vol.105「菊地 勝の仕事」

2018年6月7日(木)PM9:00~PM11:00

マンスリーライブ初、現役『理容師』の登場です。
バーバー歴35年、NewYorkDryCut 歴は、8年目。
髪を動かした時の毛先のやわらかさ、エアリー感が好きで、男性のお客様にも、積極的に活用している。
クセ毛を活かすスタイル提案で、¥8,000のカット料金をいただく女性のお客様もいる。

技術の世界は、自分の手でやってみて初めてつかめるものがあるから面白い。
若き日に、理容のコンクールへ挑んだ経験では、
技術の修練を通して、仕事へ向かう姿勢、人としてのあり方を叩き込まれた。
「礼に始まり、礼に終わる」
「ウィッグを大切に扱えなければ、お客様もそんな扱い方になる」
「どこまで行き届いた仕事ができているか」
技術も、掃除ひとつにも、お客様の気持ちにも、すべてつながっている。
NewYorkDryCut に取り組み初めは、それまで「カットの基本」と思っていたことが「ぶっ飛んだ」。
1本1本の髪を積み重ねていくデリケートな仕事は、
「上手くなりたい」思いを駆り立ててくれる。
「手入れがラクになった」「前と全然違う」、お客様から直に聞く声が継続の励みになる。


今も、理容・美容問わず、さまざまな講習に惜しみなく出かける。
「新しいこと、知らない世界は見てみたい」、好奇心が原動力だ。
理容師である限り、技術力でお客様に喜んでいただきたい。
細部まで、行き届いた仕事がしたい。

d0173878_16232382.jpg
d0173878_16231435.jpg
d0173878_16232620.jpg



PHOTO_NAOYUKI UEMATSU

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます




by hirooworks | 2018-05-23 16:43 | 菊地 勝の仕事 | Comments(0)

vol.102「田澤浦己の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.102 「田澤浦己の仕事」

2018年3月15日(木)pm21:00〜pm23:00


カットは、計算通りに点でつなげてつくるデジタルな感覚じゃない。
1本1本の髪を感じていく、アナログな世界だと思う。

「ヘアースタイルにも、クオリティーがある」、と知ったのは、初めてEIJIの仕事を見た時。
以来、25年以上、NewYorkDryCut に取り組んでいる。
思いに応じて、目線、立ち位置、左手、ハサミの角度...、何もかもが変わってくる。同じ方法は一ヶ所もない。
「こうしたらどうだろう」を繰り返し、発見の連続のサロンワークがたまらなく楽しい。

好きなのは、きれいな毛先。すべての毛先で表現される“きれいさ“に心惹かれる。
形のカッコよさだけでは物足りない。
髪が自然に落ちる状態から、その先、どう動かしてもきれいな毛流れ、
シェイプも途切れない、矛盾のない動き。
テクスチャーや、頭を動かした時、手を入れた時の、“表情“へと想像が広がる。

今、知っているカット技術の可能性は、まだまだ氷山の一角だと思う。
その下をたどっていけば、どこまでも奥深くへと広がっている。
自分の思いのすべてを、技術に乗せて表現できる。
大事につくりたい。


d0173878_17090031.jpg


d0173878_17085159.jpg
d0173878_17085600.jpg
d0173878_17093108.jpg





https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-02-18 11:56 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.101「100回記念 特別上映 第2弾」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.101
「100回記念 特別上映」

貴重映像でつづる第2弾

2018年2月15日(木)pm21:00〜pm23:00


ヘアースタイルは、形だけではなく、
人のしぐさの中に、「匂い」となって初めて完成する。
人を知り、人を感じ、目の前の仕事に向き合い、技術は深くなる。
さらにその深さは、デザインの可能性を大きく広げる。

2000年代に入ってからの、EIJIのカットシーンで構成する特別上映の後編。
たった一人でステージ立つ単独ライブ 『ONE』、マンスリーライブの至近距離でのカット、
2,000名の観客に囲まれての舞浜アンフィシアター。
常に等身大で、「もっと」を求めて全力でむかう。
その積み重ねで、クオリティーは、奥深くなっていく。

《NewYork DryCut》と名付け、プロデューサー松田 加代子(WORKS)と二人三脚でスタートした活動は、
日本のスタイリスト達が講師となっての 《NewYork DryCut 講習》 へと発展し、
さらに多くの美容師へと伝え続けている。
知らなかった髪の“きれい”さ“、決して諦めない姿、“いい仕事”の数々が、
今を越えるモチベーションになる。



PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-01-24 17:55 | 100回記念特別上映 | Comments(0)