Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:ニューヨークドライカット ( 17 ) タグの人気記事


vol.85「岡崎 尚実の仕事」


vol.85「岡崎 尚実の仕事」
2016年10月6日(木)PM9:00〜PM11:00


27歳、アシスタント。今、スタイリストデビュー目前に立つ。
仙台の[アトリエ パドクワ]は、スタイリスト全員が NewYork DryCut ¥8,000 で毎日忙しいサロン。
そこに肩を並べてスタイリストとして仕事をするには、並大抵ではいかない。
入店後すぐ、まだシャンプーも合格出来ていない時から、NewYork DryCut のベーシック講習を受け、
ほかの美容技術と同時進行で、歩みの遅い自分なりに一歩一歩、
アシスタントの仕事を深めながら、力をつけてきた。

3年目を過ぎると、周りの友達は、スタイリストとしてバリバリ働き、店長に抜擢される強者も出て、
「まだアシスタントしてる」と言うのが、恥ずかしかった頃もある。
美容師同士、技術や仕事に対する熱い気持ちを感じる会話にワクワクし、
スタッフ全員がお客様への思いで動けた一日が楽しい。
つい昨年、自分がスタイリストになる姿が想像できず、不安で心が折れそうになった時、
先輩のひと言で先が見えたら、毎日のアシストも、スタイリストの技術を見る意味も変わってきた。

就職活動のサロン見学で初めて[パドクワ]を訪れた日、
足を踏み入れた瞬間、ピリッとした緊張感があった。それは、真剣にお客様へ向かう美容師達が醸し出す空気。
「ここで働きたい」と思った。
一アシスタントが、日々サロンの現場で直面するリアルな感情と共に、
スタッフやお客様、関わる大人達に背中を押され、
目の前のひとりを、どこまで“きれい”にできるか、挑む。





d0173878_18295859.jpg

d0173878_18301167.jpg

d0173878_1830296.jpg

PHOTO_NAOYUKI UEMATSU


© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2016-09-10 14:52 | 岡崎 尚実の仕事 | Comments(0)

vol.60「田澤浦己の仕事」

vol.60「田澤浦己の仕事」
2014年9月18日(木)PM9:00 〜 PM11:00



NewYork DryCutに出会った20年前。
ヘアースタイルの衝撃もさることながら、語られる言葉にも強烈に惹かれた。
「カットには内面が現れる」「ゼロに還る」「カットに教えてもらう」
すでに忙しい美容師として経験を積んでいたが、思いも寄らない言葉に直面して、
「どういう事なのか知りたい」、追いかけずにはいられなかった。

持ち前の探究心は、技術にのめり込むほどに活かされた。
シェイプ、質感、動き、きれいさ、各地のステージで見せるスタイルの数々には定評がある。
サロンでは¥1万以上のカット料金で、名古屋でも東京でも、常に忙しい。
オーナーとして、スタッフ教育に悩み、
スタイリストとして、こんな仕事をしていてはダメだと何度も切り返し、
長い年月続ける間に、スランプから早く脱出する方法も見えてきた。
その時々、最初に聞いた強烈な言葉は、実感に変わっていった。

今年8月、松本市での『EIJI Live』では、4ヶ月前から松本へ通い、
初めてステージを経験する地元のスタイリスト達を一緒にサポートし続けた。
「いい仕事をして欲しい」、人への思いが強まった時、
終えてみると、想像以上の、自己最高の記憶に残るイベントになった。
“新境地”、それは「形で表現できて初めて言える」。
まだまだ、これから切り拓いてみたい世界がある。

d0173878_17155455.jpg

d0173878_171662.jpg

d0173878_1719856.jpg



PHOTO_UEMATUS NAOYUKI
[PR]

by hirooworks | 2014-08-30 19:50 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.25「廣瀬 雅の仕事」

vol.25「廣瀬 雅の仕事」
2011年10月27日(木)PM9:00 〜 PM11:00


前へ、前へ、どんな時も守るのではなく攻めていく。
NewYork での20年近い美容師としての経験で、
間近に接したジョン・サハグ、山根 英治の仕事から肌で感じてきたことだ。

3年前に、大病を発症。
病院のベッドで頭の中を巡っていたのは、やり残したことへの思いばかりだった。
1年間のブランク後、当初は立ってカットを続けるのもやっとの状態から、
すぐに、東京でのサロンワークを再開。マンスリ−ライブのステージにも立った。
翌月にはNewYork での仕事も再開。新たに大阪でもサロンワークをスタートし、
日本各地のイベントにも参加。NewYorkで待っているお客様のもとへは、この2年で10度の渡米。
あらためて、たくさんのスタイリストの仕事にも揉まれ、
お客様のために、もっと出来ることがある、
もっと上手くなりたい、心からそう思うようになった。

あらゆる角度からイメージを広げ、1本1本の髪を見逃さずに進んでいく。
ジョンやエイジが見せてくれた、前進し続ける仕事を原点に、
ひとりの女性を、どこまでもきれいにする。


d0173878_1553236.jpg
d0173878_15525738.jpg
d0173878_1552645.jpg

PHOTO_上松 尚之



http://www.facebook.com/NewYorkDryCut
[PR]

by hirooworks | 2011-09-26 15:47 | 廣瀬 雅の仕事 | Comments(0)

vol.12「森本泰広の仕事」

d0173878_1336162.jpg2010年8月26日(木) vol.12「森本泰広の仕事」

ほんの数年前まで、自分が1万円以上の料金をとってカットするとは想像もしていなかった。

カットプライス1万2,600円。大阪・南船場のサロンは毎日忙しい。
ひとりでサロンをオープンした当初、ほとんどがヒマな時間で、昼間からウィッグばかり切っていた。

入り口は、自分のクセ毛コンプレックス。
多い髪やクセに、独特のニュアンスを出す仕事で、口コミで顧客が増えた。

お客様のコンプレックスを受け入れて、あらゆる方法を試し、
いつも自分の目線で応えてきた。
忙しくなってプライスを上げても、紹介客が絶えない。
さらに応えようと、可能な限りの力で表現する。

今、『迷いが見える』。
彼のこの迷いには、リアリティーがある。
スプリングボードを強く蹴り上げる瞬間の沈みのように
もっと高くあがっていく絶好のチャンスに見える。
[PR]

by hirooworks | 2010-08-26 18:55 | 森本泰広の仕事 | Comments(0)

vol.11「塩屋 明郎の仕事」

d0173878_13185318.jpg2010年7月15日(木) vol.11「塩屋 明郎の仕事」


マンスリーライブのステージに、みずから名乗りを上げた。

25歳でNewYork DryCutを知り、直後に出場したディーラー主催のカットコンテストでは、
試行錯誤のドライカットでありながら、一気に優勝をさらった。
[ジュネス]のオーナー成田英治さんらと共に、ゼロからNewYork DryCut研究会を立ち上げ、
国内での講習活動を形にし、18年間欠かすことなくずっと追い求めてきた。

続けて来る間には、自由にイメージを広げる楽しさを知っているからこそ、
考え過ぎて不自由さに苦しみ、力が入り過ぎて本来の力を出せずに終わったことも何度もある。

どこまでも限りなく自由。
自分にとってのNewYork DryCutの初心そのままを、今、表現してみたい。

Photo:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2010-07-15 18:54 | 塩屋明郎の仕事 | Comments(0)

vol.4「山本あつ子の仕事」

2009年12月3日(木) vol.4「山本あつ子の仕事」

名古屋・姫路で、十数年NewYork DryCut を取り入れた仕事をしていたが、
本人いわく、決して“売れるスタイリスト”ではなかった。
37歳で東京へ。思いを新たに[HIROO WORKS]のオープニングに参加。
カットプライス¥8,400、顧客ゼロの状態からスタートし、
あらためて目の前のお客様を“もっときれいに”と追いかける日常、
チーフスタイリストとしての葛藤、お客様からの高まる期待、
生々しいサロンワークから伝えます。
d0173878_1664758.jpg

d0173878_167516.jpg

d0173878_167225.jpg


Photo:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2009-12-03 18:49 | 山本あつ子の仕事 | Comments(0)

vol.1 「井口淳介の仕事」

2009年9月17 日(木) vol.1 「井口淳介の仕事」


[HIROO WORKS]では、今後毎月1名ずつ、サロン内 LIVE Stageを行います。
先陣を切るのは、[HIROO WORKS]では唯一の20代スタイリスト・井口淳介。
オープンから半年後、大阪からひとり上京し、お客様ゼロ、アシスタントからスタートした井口が、
スタイリストとして、またNewYork DryCut講習の講師として活動している中から感じている
仕事への思い、NewYork DryCutの可能性、今の仕事そのものと、仕事観を伝えます。

Photo:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2009-09-17 18:47 | 井口淳介の仕事 | Comments(0)