Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:マンスリーライブ ( 3 ) タグの人気記事


vol.100 「100回記念 特別上映」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.100
「100回記念 特別上映」

貴重映像でつづる“EIJI”&“NewYorkDryCutのルーツ”

2018年1月18日(木)pm21:00〜pm23:00


25年前、EIJIが日本の美容師たちへ思いのたけをぶつけた最初の『EIJI LIVE』から
言い続けていた、「日本でもカット1万円の仕事ができる」。
当時は想像を超えていた世界が、今、日本各地で現実のものとなっている。
雑誌に載るような有名美容師でもなく、地方都市の一角でも、
カットプライス¥8,000〜¥1万以上で支持されるスタイリストが多数存在する。

美容師自身の思いで技術は進化し、いくつになっても「もっと」と先がある、
生涯続けていける仕事になる。
《NewYork DryCut》と名付け、プロデューサー松田 加代子(WORKS)と二人三脚でスタートした活動は、
多くの美容師と共に、知らなかったカット技術の奥深さ、仕事の可能性を切り拓く活動へと広がっている。

ステージでEIJIが投げかける言葉、カットシーンの数々、
25年分の貴重な映像の中から、選りすぐりの場面を上映する特別編。
もっと、お客様も喜んで、美容師自身も喜べる仕事へ。


d0173878_12080954.jpg

PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます

[PR]

by hirooworks | 2017-12-21 19:52 | 100回記念特別上映 | Comments(0)

vol.73「佐藤 悌二の仕事」

vol.73「佐藤 悌二の仕事」
2015年10月8日(木)PM9:00 〜 PM11:00


ほんの数年前まで、自分のカット料金を、¥8,000にするなんて考えもしなかった。
いつでも美容師同士で惜しみなく技術を伝え合っている事の凄さ、続けていく大事さ、
自分自身が、人とここまで関る事になるとは、思わなかった。

大阪・心斎橋に[サトウキカク]をオープンして12年。現在、関西での講師活動にも参加している。
19歳でスタイリストになって以来、大型店、美容師ブーム時代の有名店、
フリーランスを経て自分のサロンをもち、様々な経験も積んできた。
「それなりに仕上げる事はできる、でもカットの基礎がない」。
7年前、ネット検索で見つけたNewYork DryCut 講習へ。半信半疑のスタートだったが、
次々と「知りたい」気持ちが沸き上がり、のめり込んでいた。

今年は、大阪でのセミナー、体験講習でのデモと、チャンスがあると、積極的に人前へ出ている。
もともと緊張しがちで、技術力に自信があるわけじゃない。どう見られているか、
どう思われるかにとらわれると何も出来ない。
“もっときれいにしたい”、そこだけを追いかけるから、自分も前へ出ていける。
これまでにないほどの、“きれいにしよう”という気持ちが、今、動き出している。


d0173878_1752482.jpg

d0173878_17524373.jpg

d0173878_1753322.jpg

d0173878_17533120.jpg


PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by hirooworks | 2015-10-08 18:43 | 佐藤悌二の仕事 | Comments(0)

vol.13「采川蘭子の仕事」

d0173878_13244775.jpg2010年9月16日(木) vol.13「采川蘭子の仕事」


アシスタントの頃から決めていた。
お客様の望むことは、どんなことでも叶えるスタイリストになりたい。
ドレッドのような特殊な要望も、クセ毛の悩みも、
何ひとつ言い訳をせず、何もかもに応えたいと、どこへでも勉強しに行った。

都内の有名サロンで、トップの売上を記録したこともあれば、
ニューヨークで働きたいと漠然と憧れたり、
うんざりして1年以上も美容を離れ、皿洗いをしていた時期もある。

NewYork DryCut歴、5年。
まだ表現しきれないことがたくさんあるのは承知の上で、
今は、心に浮かんだイメージとテーパーを信じて、とにかくカットしてみる。

広尾でも、弘前の自分のサロンでも、
毎日のサロンワーク、ひとりのお客様と真剣に向き合う中に、
求め続けていた世界が広がっている。
d0173878_13304041.jpg

d0173878_1554950.jpg

[PR]

by hirooworks | 2010-09-18 18:56 | 采川蘭子の仕事 | Comments(0)