人気ブログランキング |

Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:栃木 美容室 ( 2 ) タグの人気記事


vol.117「大島竜徳の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.117「大島竜徳の仕事」

2019年6月13日(木)PM9:00~PM11:00

コマーシャルや、ブランディングを頑張らなくても、
お客様は、もっと期待してくれる。
“きれい”を追いかけていたら、美容師は仕事の価値を上げられる。


ファッションが好き、デザインすることが好きで、
若い頃から地元では人気の美容師。現在は、
栃木に2店舗のサロンをもつ。カットプライスを、周辺サロンの倍、¥8,000にした2年前には
「この場所でもお客様は来てくれるか」、不安がよぎったこともあるが、今では日々忙しい。
NewYorkDryCut 講師として、営業後に行われる東京での講師の勉強会にも参加している。毎回、足りない部分が
ハッキリ分かって「悔しい」。朝、新幹線で戻ってすぐ営業前にウィッグを切り直すこともある。
また、地元の他サロンの美容師とも勉強したいとの思いから、
栃木での講習クラス、セミナー開催を実現している。
栃木にも、仕事への“探究心”でつながり、
ライフワークとして研究し続けていく文化を根づかせたい。



忙しい=上手い、と思っていた。20年以上美容師をやってきても、カットのこと、髪について、
まだ知らない事、見えていないものが山ほどあるのが悔しい。
一人一人の美容師が、自力で仕事の価値を上げていった先には、
大げさかも知れないが、カリスマ美容師ブームの頃にはよく耳にした「美容師の社会的地位を上げたい」という、
そこにもつながって、実現可能な気がしてくる。


技術は、続けるほどに蓄積されていく喜びがある。
60歳、70歳になっても、好きな仕事を追求し続けている美容師でいたい。




[入場無料]
会場_HIROO WORKS TEL.03−3440−0909

東京都渋谷区広尾5-3-15-2F
◇地下鉄日比谷線「広尾駅」1番・2番出口から徒歩2分ほど
*ワンドリンク・サービスあり 
*ビデオ撮影はお断りしております。写真撮影可
*変更になる場合もございますので、参加ご希望の方は、事前のご連絡・ご確認をお願いいたします。

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2019-05-10 17:37 | 大島竜徳の仕事 | Comments(0)

vol.109「角山 宗の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.109「角山 宗の仕事」

2018年10月11日(木)PM9:00~PM11:00

美容師だった母親の古い名刺には、『技術とセンスの店』という一文があった。
「一生、技術を高めていける」と仕事の魅力を語っていたのを、子供の頃に聞いていた。
今、心から共感できる。

都内での修行時代、多店舗展開をしていたサロンに入り、22歳の若さで店長に。
その後、さらなる高みを求めて、雑誌やヘアーショーでも活躍の有名店へ移籍。
「かっこいいものをつくりたい」、競い合う中で、業界誌・一般誌にも掲載されるスタイリストになっていく。
地元・宇都宮へ戻ってからも、美容室激戦地で、着実に顧客をつかんでいった。
順調な時ほど、集客・求人、経営者として考えることも増え、年齢・経験を重ねるほどに、漠然と不安が募った。
感性が鈍ってきているのではないか、自分の技術は時代遅れなのか・・・


7年前、震災が不安に追い打ちをかけていた頃、NewYorkDryCut のイベントで衝撃を受けた。
翌日には講習に申し込み、ベーシック受講中から、お客様にも使ってみる。効果を感じることもあれば、
あまりにも程遠い気持ちにもなる。試しに、削ぎのテクニックも併用してみたが、途端につじつまが合わなくなる。
求めていた質感が出せない。見よう見まねだけでは上達できない。実感がつかめるまでやってみよう。


50代を迎えた今、¥8,000の料金をいただくカットに、毎回必死だ。
お客様の言葉に一緒に喜び、ひとつずつ自信になる。毎日の仕事に、ハラハラドキドキワクワクがある。
この夏の EIJI ティーチインでは、無我夢中でカットした先に、
「ひとりでは見たことのないものが出てきた」。未知の世界を垣間見られ、また嬉しい。
まだ出来ない表現、気がついていないことが山ほどあって、
この先の広がりが楽しみで仕方ない。

d0173878_18152548.jpg
d0173878_18160969.jpg




d0173878_18160939.jpg
d0173878_18153503.jpg





PHOTO_上松 尚之

https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます



by hirooworks | 2018-09-14 20:00 | 角山 宗の仕事 | Comments(0)