Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:SHAPE ( 4 ) タグの人気記事


vol.102「田澤浦己の仕事」

★ 2009年からスタートしたWORKS 松田加代子プロデュースによる「マンスリーライブ」。
営業後の美容室[HIROO WORKS]を会場に、毎月開催しています。

登場するのは、NewYork DryCut 講師や講習生。ひとりずつスポットを当て、
仕事(実際のカットを1時間)、仕事観を語るトーク(1時間)の構成です。
参加自由です、ぜひスタッフの皆さんやお知り合いもお誘いください。


vol.102 「田澤浦己の仕事」

2018年3月15日(木)pm21:00〜pm23:00


カットは、計算通りに点でつなげてつくるデジタルな感覚じゃない。
1本1本の髪を感じていく、アナログな世界だと思う。

「ヘアースタイルにも、クオリティーがある」、と知ったのは、初めてEIJIの仕事を見た時。
以来、25年以上、NewYorkDryCut に取り組んでいる。
思いに応じて、目線、立ち位置、左手、ハサミの角度...、何もかもが変わってくる。同じ方法は一ヶ所もない。
「こうしたらどうだろう」を繰り返し、発見の連続のサロンワークがたまらなく楽しい。

好きなのは、きれいな毛先。すべての毛先で表現される“きれいさ“に心惹かれる。
形のカッコよさだけでは物足りない。
髪が自然に落ちる状態から、その先、どう動かしてもきれいな毛流れ、
シェイプも途切れない、矛盾のない動き。
テクスチャーや、頭を動かした時、手を入れた時の、“表情“へと想像が広がる。

今、知っているカット技術の可能性は、まだまだ氷山の一角だと思う。
その下をたどっていけば、どこまでも奥深くへと広がっている。
自分の思いのすべてを、技術に乗せて表現できる。
大事につくりたい。


d0173878_17090031.jpg


d0173878_17085159.jpg
d0173878_17085600.jpg
d0173878_17093108.jpg





https://www.facebook.com/NewYorkDryCut/

PHOTO_上松 尚之

© WORKS *このブログ内の、写真、文章の無断転載を禁じます


[PR]

by hirooworks | 2018-02-18 11:56 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.81「田澤浦己の仕事」

2016年6月9日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.81 「田澤浦己の仕事」




NewYork DryCut に取り組み始めた頃、ひたすらボブをカットしていた。
夢中でイメージを追いかけているうちに、明け方になっていた事が何度もある。
EIJI のティーチインにも、繰り返しボブを課題にして挑んだ。
カットを終えたウィッグを、再び最初から切り直す。
床にはわずかな髪しか落ちていないが、仕上がりは見違える。
1本の髪、1ミリの重要性を実感し、その精度を磨いてきた。
それから20年数年間、毎日の仕事の中で、技術的な発見が尽きる事がない。

「きれいだな」と心動かされると、探究心が沸き上がってくる。
人の手がつくり出した形、楽器や服、バイクのタンク。
自然界にある動きや輝き、風に揺れる木の葉、波紋、生き物の毛並み。
日常目にするあらゆる物の中に、「きれい」を見いだし、ヘアースタイルにリンクさせてみる。
どのような髪の条件であっても、創意工夫で技術を追求し、精度を高めていく。
結果、1万円以上のカットプライスで、地元名古屋でも東京でも忙しい。
50代で、自己最高売上を更新し、紹介のお客様も絶えない。

“いいヘアースタイル”の条件として、自分にとって欠かせないのは、“上質さ”だ。
“きれいな髪”には、さらなるクオリティーがあり、それは限りなく高めていける。
その方自身の魅力を引き上げるデザインはもちろん、
“きれい”のクオリティーを上げる事で、気持ちまでぐっと後押しできる力になる。
田澤流、より上質なボブの、探求が始っている。


d0173878_19555916.jpg


d0173878_19565929.jpg

d0173878_19571641.jpg

d0173878_1958087.jpg

PHOTO_NOYUKI UEMATSU
[PR]

by hirooworks | 2016-06-09 14:58 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.39「田澤浦己の仕事」


vol.39「田澤浦己の仕事」
2012年12月6日(木)PM9:00 〜 PM11:00


好みも髪質も分かっている、何度もカットしているお客様であっても、
“無常”、とどまることなく、常に変化し続けている。
その人の“今”を感じなければ、ヘアーデザインは生まれない。
NewYork DryCut 歴、20年。
自ら「変革の時」と感じている。

少しでも思ったようなカットが出来ると嬉しい、もっときれいにカットしたい、
追いかけ続けることで技術力を高めてきた。
シェイプから動き、質感にまでこだわった仕事は、
1万円以上のカットプライスで、名古屋でも広尾でも連日忙しい。
それでも、来なくなったお客様を思い返したり、
長年のお客様にも本当に満足してもらっているか、自分は満足しているかと振り返ると、
今の仕事に、足りないものがある。

似合うヘアーデザインを、さらに深く、
目の前の人をもっと感じとれるようになりたい。

美容師の仕事には、いつでも先があり、始まりがある。

d0173878_2132724.jpg

d0173878_2132568.jpg

d0173878_21335760.jpg



PHOTO_UEMATSU NOYUKI
[PR]

by HIROOWORKS | 2012-11-17 22:18 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)

vol.10「田澤浦己の仕事」

d0173878_14154147.jpg
2010年6月10日(木)
vol.10「田澤浦己の仕事」

d0173878_14445160.jpg

名古屋の田澤さんと言えば、サロン名そのままの、
上品で奥行き感のある“シェイプ”にこだわった仕事や、
立体的なピースが自由に動く、独自のデザインを思い浮かべるだろう。

NewYork DryCutに出会い18年あまり、まさにカットにのめり込んできた。

ふと目にした揺れる木の葉や、水面の動きの美しさを、
髪の質感に置きかえて、上質な女性像を想像してみたり、
人が作り出した物が好きで、ギターやバイク、服や音楽、
思いが込められたあらゆる物に気持ちが動き、
自分の手でもそんなヘアースタイルを作り出したいと身震いする。

これまでのイベントやステージでは、不完全燃焼感が残ることも度々あった。

このマンスリーライブで、一心不乱に、
今想像できる限りの、揺るぎない“きれいさ”を表現してみたい。

Photo:上松 尚之
[PR]

by hirooworks | 2010-09-10 18:53 | 田澤浦己の仕事 | Comments(0)