人気ブログランキング |

Monthly Live 営業後の美容室での美容師による単独ライブ

タグ:nicohair ( 3 ) タグの人気記事


vol.46「分部 直」の仕事


2013年7月11日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.46「分部 直の仕事」


美容歴4年、26歳、[nico hair]の現役アシスタントの登場です。

初めて、熱中できるものをみつけた。
美容師の仕事は、何より人を喜ばせることができる、気持ちや人生まで変える力がある。
先輩達の仕事を見て、マネてみる、練習するほど上手くなれる、
ひとつひとつ、確実に、自分の見える世界が広がっていく。

小学生から15年続けたアイスホッケーも、同時進行でがんばった野球部でも
振り返ると「もっとやっておけば良かった」と、どこか心残りがある。
大学卒業後、就職した不動産業界を3ヶ月で辞め、
本当にやりたい事をやろうと決めたのが、美容師だった。
2年前の7月は、まだベーシック講習の1回目のクラスへ出ていた。
今年は、NYのIBSでアシスタント・ステージに立ち、
アメリカの美容学校生へ仕事を見せる経験もした。

NewYork DryCut は、人を感じてはじまる技術だと思っている。
目の前の人を思わずには切れないから、どんな時も全力が求められる。
“本気”でなければ、つまらない。
可能性を信じ、今の全力で、突き進んでみる。

PHOTO_上松尚之

d0173878_15581360.jpg

d0173878_1559535.jpg

d0173878_1559971.jpg


by hirooworks | 2013-07-11 15:48 | 分部直の仕事 | Comments(0)

vol.34「山崎洋平の仕事」

2012年7月19日(木)PM9:00 〜 PM11:00
vol.34「山崎洋平の仕事」


日本各地に、NewYork DryCut歴20年近いスタイリストや、
1万円以上の高プライスで忙しいスタイリストがたくさん居る中で、後からはじめた者として
「まだまだ自分なんて」という意識が常について回った。けれども、それは言い訳に過ぎなかったと、今は思う。

千葉県松戸市の[nico hair]オーナースタイリストとして、7年前のオープン以来、
夢中でお客様にむかっていたら、いつの間にか忙しくなっていた。
もっと上手くなりたくて、講師活動や勉強の場には積極的に参加していった。
たくさんの人に関わり、ひとりひとりの仕事の中から、知らなかった髪の可能性を感じ、
自分の技術の問題点や苦手な点、出来るようになりたい事が、具体的になっていった。
見て感じた質感や弾力感・動きを、練習して自分の手でつくり出せた時、
ひとつひとつが自信となって残った。

知らず知らずに言い訳していた仕事、人に遠慮したり、どう見られるかで選んだ仕事、
周りの人やお客様が喜んでくれたとしても、自分には達成感がないのを知った。
次々と現れる選択肢の中で、自分にとって悔いのない方を選んでいく。
そういう仕事が、今、目の前にある。

d0173878_17112469.jpg

d0173878_17121091.jpg

d0173878_17123719.jpg

d0173878_17125435.jpg

d0173878_17131257.jpg

PHOTO_UEMATSU NOYUKI

by hirooworks | 2012-06-24 18:14 | 山崎洋平の仕事 | Comments(0)

vol.17「山崎洋平の仕事」

2011年1月20日(木) vol.17「山崎洋平の仕事」


7年前、講習生として出会った頃は、20代の若者だった。
当時はスタッフとして働いていたが、後に独立。自分の店の準備期間から、
講師活動にも参加するようになる。
いつの間にか隣にいるような何気なさと、
誰のどんな意見も取り込んで、身に付けていく姿勢は、ずっと変わらない。

千葉県・松戸に[nico hair]をオープン以来、夢中で仕事をしていたら、
あっという間に忙しくなった。
すでに、NewYork DryCut のプライスアップも予定している。
なぜ、彼は忙しいのか。

反面、どれだけお客様に喜ばれても、忙しくなっても、
周りの評価とは別に、自分の仕事に満足できない。

きっと、山崎 洋平が考える“技術力”には、たくさんの要素が含まれるのだろう。
沸き上がってくる気持ちのままに、山崎さん自身も心から喜べる仕事を期待する。
d0173878_15523586.jpg

d0173878_15525218.jpg

d0173878_1553994.jpg


PHOTO 上松 尚之

by hirooworks | 2011-01-20 18:59 | 山崎洋平の仕事 | Comments(0)